転職

転職癖があるぼくは結果的に成功したという話

副業長者ノリスケ

副業長者ノリスケ

工場の派遣から転職を5回繰り返して年収800万円到達。 ブラック企業もウツも経験済み。 なんとなくではじめた副業が本業よりも稼ぐようになったので起業しました。

投稿日:

世の中のイメージは決して良くない「転職癖」

仕事ができないから逃げてるだけだ!なんて思われちゃったりしますよね。

ぼくは今までに5回の転職をしてきました。

それだけ転職してると、癖になってると思われても仕方ないですし、たぶん癖になっていますw

でも、転職を重ねてきたからこそ、年収は一流企業以上(800万円以上)に貰えるようになりました。

もし転職をしていなかったり、途中で転職を辞めていたら、いまのようにはなれなかったと思います。

転職の仕方次第では、より高みに登っていくことができ、転職ゼロの人よりも稼げるようになります。

転職癖は一概に全部が悪いとはいえないのです。

参考までに自分の転職経歴を書いていきますので、ぜひ転職について前向きに考える材料になればと思います!

転職癖があるぼくは結果的に成功したという話

会社その1:新卒で入った派遣会社(工場勤務)

ぼくは大学にすら行くことができないくらい頭が悪かったので、新卒で入った会社は派遣会社でした。

派遣会社に入社してすぐに静岡のエアコンを作る工場に行かされたことを覚えています。

派遣社員はみんな、めちゃくちゃ古い寮に住んで生活していました。

築50年は経ってるんじゃないかってくらい古くて、畳敷きのワンルーム、風呂は1階にある共同浴場、食堂はなし、キッチンなし、トイレは各階にそれぞれあるという感じの寮でした。

割りと底辺な感じからのスタートです。

そこでは工場の正社員と共に、ほぼ同じ内容の仕事を派遣社員もやっていました。

給料はたしか…手取りで20万円前後くらいだったかな…。

衝撃だったのはボーナス時期です。

自分のボーナスは3万円くらい。

工場の社員の人が「やったー100万円超えてた!」と喜んでたのを未だに覚えています。

まだまだ社会を知らない若者だったので、「自分もがんばればそれくらいもらえるようになるかな…」と、転職は考えませんでした。

今にして思えば、派遣社員でそんなに貰えるようになることはいつになったってないんですけどね…。

エアコンの繁忙期が終わり、次は神奈川にある半導体の工場に行くことになりました。

ここで衝撃的だったのは、勤務形態です。

24時間稼働している工場で、一日12時間労働が基本でした。

昼勤務で1サイクルしたら、次は夜勤務の1サイクル、というように交互に繰り返していきます。

派遣社員の場合は、1サイクルが4勤2休といって、4日間働いたら2日休みというもの。

ところが正社員だと、1サイクルは3勤3休といって、3日間働いたら3日休みなのです。

派遣社員も正社員もやっている仕事は代わりありません。

それなのに、仕事をする日数は派遣のほうが多くて、休みが少ないわけです。

給料だって正社員のほうが高く、ボーナスなんていわずもがな…。

完全に派遣は消耗品扱いですねw

ここで3年間くらい働いて、「さすがにこのまま派遣やっててもヤバい」と思って転職することにしたのです。

会社その2:勢いで入ったイベント製作会社

もう派遣社員はイヤだから、正社員になりたい!と思い、正社員の職を探し始めます。

探す場所はハローワーク…ではなく、転職サイトです。

ハローワークはイカンですよ…。

ロクな会社がありません。

転職サイトを使って、地道に「未経験OK」で「自分のスキルが身につきそうなこと」をやっている会社を探しまくりました。

その結果、「デザインができるようになれば食いっぱぐれないのでは」と思い、その道に進むことに。

デザインスキルはまったくなかったので、ほぼ熱意だけを武器に転職活動をしてたら…なんと就職できたんです。

その会社は、美術館などでやる企画展示のデザイン、製作、運営をやっている小さな会社でした。

ここで社会人的な基本スキルやデザインスキルをがんがん勉強していき、やっと社会人らしくなれたときに事件は起こります。

なんと、社長が某お隣の国の女性に騙され、財産を取られて会社をたたむことになったのです。

なんという…。

ただ、ここで出会った人脈のおかげで、転職活動をすることなく次の会社に就職することができました。

やっぱり「スキルは身を助ける」ですね。

会社その3:誘われて入ったイベント製作会社

次もまた同じようなイベントの製作をする会社です。

前回の会社は公共事業系が多かったのに対し、今回の会社は商業系のイベントがメインでした。

仕事のスケジュールもタイトで、会社に寝泊まりしながらがんばったこともあります。

そのおかげか、順調に僕自身もスキルを身に着けながら働くことができました。

…が。

ぼくはどうにも堪え性がないので、給料がなかなかあがらないのが不満でした。

あがらないと言っても、同世代の平均的な給料はもらってたんですけどね。

でも「もっとお金は欲しい!そのためにはここじゃダメだ!」と思って飛び出すことに。

ここらへんからぼくの転職癖が始まります。

会社その4:アダルトなwebデザイン会社

いままで働いた会社では、印刷物が絡むデザインを主にやっていました。

印刷物が絡むと、印刷代とか設置費用とか、結構出てくお金も多いんですよね。

そこで閃いたのが「そうだ、webデザインだったら出てくお金が少ないから儲かるのでは!?」という考えです。

結果的に正しかったんですが、今思い返すとあまりにも安直すぎだったかもしれませんw

webデザインというのは印刷系デザイン(DTPといいます)とはちょっと違い、特殊なスキルを必要としてきます。

簡単なコーディング作業(デザインを実際のwebサイトにする技術)などがまったくなかった僕は、ここでも「未経験OK」な会社を探すことにしました。

その結果、アダルトな業務をメインにやっているwebデザイン会社に就職することになったのです。

いやー、最初はまったくそういう仕事をやる気はなかったんですけどね…。

そもそも入社した会社にしても、求人募集にはアダルトなんて一言も書いてませんでした。

面接で初めて言われて、「未経験OKなのにそこそこ給与が高いのはそういう理由だったのか…」とわかったんです。

でもまぁとりあえず技術を学べるならとりあえずはそれでもいいかと思い、入社を決意して働き始めました。

この会社でよかったことは、なぜか高スキルの人達が野心を持って働いている環境があったことです。

やる気があって能力もある人達と仕事をしていると、自分のスキルもぐんぐん上がっていきます。

そのスキルを元に副業を始めたら、それも順調で、月に数十万円稼ぐようになってきました。(副業だけでです)

さらに根が割りとマジメなこともあり、2年でデザイン部の部長にもなりました。

もちろん給与も上がり、同世代の平均よりわりと多くなって、まさに順風満帆という感じ。

部長という人をマネジメントする立場になると、会社のいろんなことが見えてきます。

いろいろと観察するうちに、ここの会社ではこれ以上の地位にはあがれないな…ということに気がついてきました。

そうなるとまたぼくの転職癖がでてくるわけです…。

会社その5:意識高い系webデザイン会社

webデザインのスキルもそこそこ身に付いたので、次は普通のデザイン会社に転職しよう!というわけでまた転職をしました。

すでにぼくはスキルを身に着けているので、いままで転職できそうもなかった会社も転職候補にあげることができます。

この時すでに30才を超えていたのですが、転職活動は非常に順調でした。

5社、面接に行ったら、3社からは内定がもらえるといった具合です。

やっぱり「スキルは身を助ける」なのです。

スキル大事。超大事。

結果的に選んだのは、赤坂にある意識高い系のwebデザイン会社でした。

ここでもがっつりがんばるぞーと思って意気揚々と仕事に取り組んだのですが…。

…まったく社風と合わず、ストレスばかりを貯める日々でした。

ここでまたぼくの転職癖が始まります。

結果的に、3ヶ月しかこの会社にいることはありませんでした。

会社その6:普通なwebデザイン会社

3ヶ月のような短期間で仕事を辞めるとなると、転職活動に響くと思われる方も多いと思います。

ぼくの場合、スキルと面接でのプレゼン(笑)のお陰で特に問題になることはありませんでした。

次の会社もすぐにパッと決まり、問題なく働くことに。

ここでは2年間くらい働いていたのですが、ある時ふと気が付きます。

「あれ、副業の収入のほうが本業よりも多くなってきたぞ…!」

そうなってくると、本業を辞めてフリーランスになったほうがより副業に時間を使えるのでさらに稼げるようになります。

本業を続けて安定しつつ副業をやるか、副業を本業にするか…。

ちょっと悩みましたが、現在は会社を辞めてフリーランスとして働いています。

結果的に年収は同世代よりもかなり上になりました。

これは、転職を繰り返してきた結果でもあります。

こうしてみると、転職癖も悪くはないですよね。

ぼくもそうだったりする転職癖を持つ人の特徴

特徴その1:職場や仕事の不満を持っている

これは誰しもがそうかも知れませんが、職場や仕事に不満があると、転職したくなります。

ぼくが特に感じていたのは、

この仕事を続けていて将来性があるのか?

という疑問です。

最初の工場で派遣社員として働いていたとしても、年収はほぼあがらなかったでしょう。

将来性がない仕事をしているということは、その分、何かを学ぶ時間を消費してしまっているということです。

同じ時間、仕事をするのであれば、自分の将来に役立つ仕事のほうがいいですよね。

そういう動機は、前向きな転職だと思っています。

逆に、「他人がイヤだし自分の思い通りにいかないから転職する」という理由だった場合は冷静に考えたほうがいいかもしれません。

会社の社風や空気感はほんとに千差万別なので、1回くらいは自分に合わない会社に就職してしまうこともあります。

ぼくも意識高い系web会社に入ったときはそうでした。

ただし、何社も続けて「他人がイヤだ!」と思った場合は、要注意です。

その不満の原因は他人ではなく、自分自身にあるかもしれません。

自分に原因があるのに、他人に転嫁してしまうのでは、よくない転職癖がついてしまいます。

不満を持った時になにが原因なのかをしっかりと見極めてから、転職するようにしましょう。

そうすれば、マイナスな転職癖はつかないようになるはずです。

特徴その2:楽しくないという理由で転職する

仕事が楽しくないから転職しよー、と思ったりするときは誰しもあります。

でもそれだけが理由で転職したとしても、またその先で「仕事がツマラナイー」と転職を繰り返すことになります。

これもよくないタイプの転職癖ですね。

仕事は自分で楽しむ姿勢があれば、そこそこ楽しくなったりやりがいがでてきます。

良く「仕事はゲーム感覚でやると楽しい」と言われていますが、その通りだと思います。

とはいえ、ブラック企業で「今月はあと◯◯本、営業で成果を出さないとどやされる…ハードル高すぎる…」なんていうのは身体を壊す前に転職したほうがいいかも…。

特徴その3:高すぎる目標を持つ

自分はこんな安い給料で働いていたくない…もっとデカいことをしたいんだ!

そう思うことは悪いことではありません。

でも、デカいことをやるには、それなりのスキルが必要です。

スキルを獲得するためには、自分自身ががんばらないといけません。

いわゆる「下積み時代」ってやつですね。

これがないのに、高すぎる目標を持っていてもうまくいくはずがありません。

こんなはずじゃない…と転職を繰り返してもなにもならないのです。

まずは転職を繰り返す前に、自分のスキルを高めていきましょう。

自分のスキルを高め続けるための転職癖は決して悪くないと思います。

転職癖は治すべき?

自分自身の経験から言うと、

前向きな転職癖はいいけど、後ろ向きな転職癖は治すべき

だと思います。

前向きな転職癖がある人の特徴は

  • スキルが身につくまでは会社に居る(最低2年から3年程度)
  • 確固たる自分の目標がある
  • スキルを身につけるためには残業が長くなっても楽しんでやる

という感じ。

こういうタイプの人は、転職のたびにより良い条件の職場に行くことができます。

後ろ向きな転職癖がある人の特徴は

  • イヤになったらすぐ辞める
  • 遅刻・欠席が多い
  • スキルをなにも身につけてない

という感じ。

このタイプに当てはまってしまうと、転職のたびに条件が悪い職場に行くことになります。

これは良くないですよね…。

転職活動をしてみて、前よりも悪い条件のところしか選べない…と思ったら、転職を思いとどまるのも1つの手です。

転職に踏み切るまえに、ぜひ自分の人生の目標を決めてみてください。

たとえば、でっかい家が欲しいとかそんなんでもいいんです。

その家を建てるにはどれくらいお金が必要で、そのためにはどうやって働けばいいか、どんなスキルを身につければいいか…ということを考えてみて下さい。

そうすることで、ムダな転職やその場しのぎの転職を防ぐことができ、後ろ向きな転職癖を治すきっかけにもなります。

ぜひ、自分の人生にとって有意義な転職癖をつけるようにしてみてください!

ネイティブ広告

ネイティブ広告

サラリーマンでも楽しくできる副業ランキング

  • この記事を書いた人
副業長者ノリスケ

副業長者ノリスケ

工場の派遣から転職を5回繰り返して年収800万円到達。 ブラック企業もウツも経験済み。 なんとなくではじめた副業が本業よりも稼ぐようになったので起業しました。

-転職

Copyright© お金がないときに.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.