不労所得・投資

【さらに悲惨】就職氷河期世代がダマされないために気をつけること

副業長者ノリスケ

副業長者ノリスケ

工場の派遣から転職を5回繰り返して年収800万円到達。 ブラック企業もウツも経験済み。 なんとなくではじめた副業が本業よりも稼ぐようになったので起業しました。

投稿日:

就職氷河期世代のノリスケです。

そろそろ切羽詰まってきて、明るい未来がイメージできない…という就職氷河期世代の方も増えてきました。(もともと多かったけど)

「なんとか人生を好転させたい!」と決心した氷河期世代の生き残り率を高めるために、ダマされやすい項目をまとめることにします。

弱り目に祟り目、泣きっ面に蜂ということわざがある通り、昔から弱ってる人はさらに追い打ちをかけられやすいのがこの世の中なんですよね…。

ある程度の失敗は「いい経験になった」で済みますけど、それが度を超えると人生を変えてしまうのは氷河期世代の方ならわかるはず。

就職難が原因で、新卒社会人時代をムダに過ごすハメになったことが、人生においてどれだけの損失だったか…。

これ以上に事態を悪くさせないためにも、知識をつけて地雷原を突破していきましょう!

【さらに悲惨】就職氷河期世代がダマされないために気をつけること

政府の支援プログラムは当てにできなそう

就職氷河期から10年近くもたって、やっと政府は「就職氷河期世代がヤバいから支援プログラムでもやるか」と言い出し始めました。

正直、時すでに遅しです。

支援プログラムの中身は「短期間で取れる資格を取らせて、それをもとに就職させる」というグダグダなもの。

短期間で取れる資格に意味が果たしてあるのか…。

そしておそらく就職できたとしても、小規模な会社の正社員だったら派遣と同じく給与が上がる見込みがないことも多いと思います。

就職氷河期は政府と竹中氏が作り出しましたが、その責任を取ることはありません。

ちなみに支援プログラムで儲かるのはやはり人材派遣会社です。

どういうことかというと、

・就業支援策の柱として、人手不足の建設や運輸などの業界団体を通じて短期間で就職に結びつく資格を得るための訓練コースを作成

・氷河期世代を対象とするこうした職業訓練やキャリア教育を人材派遣会社などに委託し、就職に結びついた成果に応じて委託費を払う(税金で)

という内容なので、就職氷河期世代を苦しめた「派遣(非正規雇用)」の企業がまた儲かるということに…。

うーん、多少なりとも支援プログラムでいいところに就職できる人もいるかとは思いますが、どうなんでしょうね…。

人工が足りない施工現場で使い捨てされる中年というイメージが浮かびます。

楽して儲かる!系の情報商材や高額サロンはほとんどが買うだけムダ

仮想通貨やFX、不動産などの投資情報を数万円から数十万円で売っている人たちがいますが、ほとんどムダです。

今はネットで情報収集すれば、投資の知識は無料で手に入る時代。

書籍も初心者向けのわかりやすいものがいくつも出ています。

情報商材や一部のインフルエンサーがやっているサロンはほとんど意味がないものと思ったほうがいいと思います。

FXは投資じゃなくてギャンブル

ドル円など為替の動きで利益を得ようとするFXは投資ではありません。

ただのギャンブルで、素人が勝てる見込みはほぼないと思っています。

ぼくも20代のときに数百万円ほど損をしたことがありました。

マルチ商法は時間のムダ

マルチ商法というのは、

  • ある商品を買うと会員になれる
  • 会員になると、ほかの人を会員に誘ってその人が商品を買えば利益(バック)が手に入る
  • しかし、自分は紹介してくれた会員に手数料を払わなければいけない

という性質のビジネスです。

ピラミッド構造になっていて、一番上の人は黙ってても下の会員達から入る手数料で暮らせる仕組みです。

結論から言うと、ほとんどの人が儲かりません。

むしろ商品の在庫を抱えて赤字になる悲惨な人もいます。

時間とお金のムダになるのでやめましょう。

ぼくも前に勧誘されたことがあるんですけど、そのときに勧誘してきた2人がほんとに儲かってるのか調べてみたんですよ。

その頃は誰もがフェイスブックをやってたので、素性を調べるのは簡単でした。

結果として、1人は数年後に「○○○○○は儲からないからやめた」と脱退。

もう1人はネット上のすべての痕跡を消して行方不明になりました。

きっと、自分の周りの人を巻き込みすぎて友達がいなくなっちゃったんでしょうね…。

安易に起業をそそのかす人にのってはいけない

ネットで有名なインフルエンサーの中には「会社員やってるなんてバカ」と過激なことを言う人もいます。

こういう人たちが起業をそそのかすのは、それでブランディングして利益につながるからです。

ぼくが起業したのは、副業が安定してそれなりに稼げるようになってからです。

なにも収入源がないままに会社をやめるのはリスクでしかないので、オススメしません。

起業したけど利益がないのは悲惨です。

まとめ:就職氷河期世代も、結局は副業と投資をする以外に解決策はほぼない

ぼくが実際にやってることだからこそ言えるのですが、結局は副業をやってお金を稼ぎ、投資を勉強してお金を増やすのが一番現実的だと思います。

楽して儲かるみたいな話だったり政府がなんとかしてくれると思っていても仕方ありません。

自分自身で行動して、勉強してこそ這い上がれるはずです。

副業も投資も、やったもん勝ちなところがあります。

いくら働いても給与が上がらない仕事は定時で上がって、残業しないかわりに毎日2時間くらい副業をすれば月に数十万円稼ぐのだって可能になります。

どうせ同じ時間働くなら、お金を稼げたほうがいいですよね。

そして稼いだ額が増えれば増えるほど、投資に使えるお金も増えます。

老後に2000万円貯める話がでてますが、副業をすればそれも現実的なものに思えてきますよ!

サラリーマンでも楽しくできる副業ランキング【実際にやって月20万以上稼いでます】

ぼくが経験した副業をもとに、「無理なくできる副業」をまとめました。

ぜひ参考にしてみてください!

ネイティブ広告

ネイティブ広告

サラリーマンでも楽しくできる副業ランキング

  • この記事を書いた人
副業長者ノリスケ

副業長者ノリスケ

工場の派遣から転職を5回繰り返して年収800万円到達。 ブラック企業もウツも経験済み。 なんとなくではじめた副業が本業よりも稼ぐようになったので起業しました。

-不労所得・投資

Copyright© お金がないときに.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.