仮想通貨

【オタク目線で考えた】AMPLE!COIN(アンプルコイン)のICOってどう?

更新日:

ついに来ましたコスプレ関連ICO!

実はぼく、コミケに2回ほどサークル参加した経験があります。

知り合いにレイヤーさんやカメコ(コスプレ撮る人。悪い意味ではない)さんもいて、結構身近に感じている界隈でのICOということでかなり期待しています。

…が。

どうにも腑に落ちない点、疑問点などもあるのでそれをつらつらと書いていきたいと思います。

最初に結論を書くと、

AMPLE!COINは買っても良さそう。(儲けは考えない)金額は少なめがオススメ。

です。

正直、AMPLE!を応援したい人は買っても良いかも、って感じです。

もし儲かるとしても、それは運営だけの可能性が高そう…。

そう感じた理由は下で書きます。

AMPLE!COIN(アンプルコイン)のICOについてオタク目線で考えてみる

アンプルコインの基本データ

総発行枚数は10億ACOです。

そのうち3億ACOをICOで使い、それとは別の3億ACOを内輪(運営、投資家、アドバイザー)に振り分けられます。

残りの4億ACOは今後の発展のために使うそう。

3億ACOを関係者に配るとなると、ひとりどれくらいになるんだろう…。

メンバーを見るとアドバイザー含め13人なので、超ざっくりと均等に割ったとしたら1人大体2,300万ACO。

トークンセールで売るときの価格が1ACO約30円なので、6億9000万円!

このICOが成功したら、メンバーの人たちはもれなく富豪になりますね。

いいなぁ…w

とにかくすごい儲かってそうですw

まず気になるのは、AMPLE!公式Twitterアカウントの弱さ

そもそもAMPLE!ってどれだけ有名なんだろう?と思いました。

普段、レイヤーさんやカメコさんと話してても、一言もAMPLE!という単語を聞いたことがなかったからです。

公式のTwitterを見てみると、フォロワー数は8229人(11/2現在)でした。

これは一見多いように見えますが、めちゃくちゃ少ないです。

レイヤーさんはフォロワー1万人超えはざらにいます。

そしてさらに気になるのが画像投稿時のファボ数とリツイート数。

固定ツイートの画像でも、リツは125、ファボは301しかありません。

全世界で活動している割にはあまり認知されてないのかな…という印象です。

ツイートしてる写真はめっちゃいいんですけどね。

今回のICOが成功すれば、フォロワーも瀑増するのかもしれません。

最初に大きくお金を入れた人だけが大儲け!?

次に気になったのが、トークンの配布方法です。

トークンというのは企業が発行する独自通貨です。

AMPLE!COINの場合はACOというトークンになります。

このACOトークンが高値で取引されると、トークンを持ってた(買ってた)人が高値で売って儲かる!ヤッター!という仕組み。

例:1万円で1000ACOを買って(1ACO=10円)、しばらくしたらACOが大人気になり価格が上昇、20円でも欲しい人が現れる。→1000ACOを2万円で売って儲かったぜ!イエス!

プレミアムセールで買うと、

1ETH(イーサリアム)で3300ACOもらえます。

1ETHはこの記事を書いている段階で33,000円ほどでした。

つまり、1ACOは10円で買えることになります。

次のプレセールで買うと、

1ETHは1650ACOにしかなりません。

先ほどの半分なので、1ACOは20円になりますね。

じゃぁみんなプレミアムセールで買えばいいじゃん!って思いますが、なかなかそうはいきません。

プレミアムセールで買うためには、1,000,000ACOつまり、300ETHほど必要になるのです。

つまり、一千万円くらいないと買えません。

そんなの誰が買うんだって思うかもしれませんが、買える富豪はいるんですよ…。

※すでに2億円集まったそうです。

2億円集まったというのに疑問が…。

プレミアムセールって、トークンの予定発行枚数は「約10,000,000ACOです。期間中に売り切れる場合もございますので、あらかじめご了承ください。」

と公式サイトに書いてあります。

てことは、日本円にして約1億円ですよね。

それなのに2億集まったとは…??

予定はあくまでも予定だから2倍に増やしたよ!ってことなのかな…?

プレミアムセール(約1000万円以上買う人が対象) 1ACO=約10円
プレセール(約20,000円以上買う人が対象) 1ACO=約20円
トークンセール 1ACO=約30円

図にするとこんな感じ。

そしてもしこのトークン(ACO)が取引所に上場したとき、価格はいくらになるかは誰にもわかりません。

でも、例えば1ACOが20円で取引されたら、プレミアムセールで買った人は2倍に儲けます。

1ACOが8円くらいになってしまったら、プレミアムセールの人はまだまだ売って儲けれますが、プレセールの人は売ったら損をしてしまいます。

ちなみにほかの大型ICO「COMSA」も事前に1000万円くらいを下限とした先行セールをやってましたが、こちらは20%のメリットでした。

AMPLE!COINのプレミアムセールは2倍、つまり200%なので、COMSAと較べて5倍の先行利益があることになります。

まぁお金を集めるにはいいのかもしれないですけど、プレセールに参加を検討してる身としてはなんかなぁ…と思うところであります笑

ぼくが一番気になったというか、なんかヤダなーって思ったのがこれです。

こういった点から、AMPLE!COINで儲けよう!とはぼくは思いません。

純粋にコスプレ界隈が盛り上がったらいいなーと思う気持ちでプレセールにほんの少しだけ参加しようと思っています。(もしかしたらしないかも)

儲かりそうな順番でいうと、

3億ACOを手に入れてる運営(アドバイザー含む)>>>プレミアムセールで買った人たち(お金持ち)>>>>>プレセールで買った人たち(一般人)>>>>>>>トークンセールで買った人たち

となります。

一般の人がトークンを使うことの難しさ

ぼくはもうすでに仮想通貨にどっぷりなので、ACOトークンを買うのは簡単です。

持っているイーサリアム(ETH)を使ってプレセールの時に買えばいいだけです。

でも、仮想通貨をやったことない人がトークンを買うのはめちゃくちゃハードルが高いんですよね。

AMPLE!のホワイトペーパーを見ると、コスプレイヤーにパトロン(ファンの人)がACOトークンをあげて支援すると書かれています。

ということは、コスプレイヤーもパトロンもトークンを持ってなければいけません(当たり前ですけど)

トークンを持ってレイヤーに投げ銭するには、

  1. トークンってなに?という根本的な問題
  2. 仮想通貨の取引所に口座を開設
  3. イーサリアムを購入
  4. イーサリアムでACOトークンを購入
  5. ウォレットアプリをダウンロード
  6. 専用アプリを使ってコスプレイヤーにトークンをあげる

という結構めんどうな手順を踏まなければなりません。

ギークな人たちはぜんぜん余裕だと思いますが、20代前後のレイヤーさんたちや、普段ITに親しみのない職業のカメコさんたちには結構大変な作業です。

ただし、この問題はある程度仮想通貨が世の中に浸透してきたら余裕でクリアできると思っています。

しかしそれがいつになるかはわかりません…。

コスプレ専門スクールの設立!?

ホワイトペーパーには、業界全体の底上げをするためにコスプレイヤーの専門スクールを作るとあります。

正直これは「おいおいマジかよ…」という感じです。

よ◯ぎアニメーション学院の声優タレント科とかそんなノリかな?

高校卒業して、進路どうしよう…ってときに「コスプレイヤーの学校に行く!」っていうのはかなりなかなか、うん、まぁ、ね、アレだよ。

ちなみに周りのレイヤーさんの職業を聞いて回ったところ、

  • 普通の会社で働いている(エリートもちらほら)
  • キャバクラで働いている
  • ガールズバーで働いている
  • 学生&バイト
  • ニート

という感じでした。

この中に、コスプレ専門学校生というジャンルが増える感じですね。

みんな共通してるのが「コスプレやるお金を稼ぐのにがんばっている」ということ。

ファンがレイヤーを気軽に支援できるACOトークンは、レイヤーにとってはまさに渡りに船(言い方が古い)かもしれませんね。

大規模イベント開催の難易度

これもホワイトペーパーに書いてあったのですが、大規模イベントを独自に開催する予定みたいです。

コスプレ系がアツい大規模イベントといえば、日本でいうと

  • コミックマーケット(コミケ)
  • 東京ゲームショウ(ゲムショ)
  • 日本橋ストリートフェスタ(ストフェス)
  • 世界コスプレサミット(コスサミ)
  • 池袋ハロウィン(池ハロ)
  • ニコニコ超会議(ニコ超)
  • ワンダーフェスティバル(ワンフェス)
  • コスプレフェスタ(コスフェス)

くらいかな…。

あとは、コミケの隣りでやってるとなコスも人はいっぱいきます。

こういった大規模イベントをやるにはいったいいくらくらいかかるんだろう…。

大規模イベントと一言で言っても、動員数は結構違います。

コミケは3日間で50万人くらい、ニコ超は2日間で15万人くらい。

おそらくコミケが圧倒的な集客力を誇っています。

そもそもコミケはボランティアのすごい方々がたくさんいて、入場無料というのが大きいですね。

もしこれに匹敵する大規模イベントをAMPLE!が開催でき、そこでACOトークンを効果的に広めれたらすごいことになると思います。

ただ、なかなかハードルは高いのかも…?

アイドルのファンはお金を使うのと同じく、レイヤーのファンもお金を持っている(たぶん)

AKB48などのアイドル商法が大成功を収めたのは誰もが知るところですよね。

それと同じく、レイヤーもアイドル化することでめちゃくちゃ儲かります。

コミケで写真ROMを販売しているアイドルレイヤーは一般的な社会人の年収以上を1日で稼ぎます。

レイヤーのファンが簡単に投げ銭して支援できるシステムは、うまく界隈に浸透したらめちゃくちゃお金が動きそうな感じはします。

もしかするとアイドル系レイヤーばかりがどんどん増えて、レイヤーのアイドル化がより一層加速するのかもしれません。

そうなってくると、芸能事務所所属レイヤーがどんどん増えて、今の割とゆるい雰囲気はなくなり、商業的な側面が強くなってくるのかも。

うーん、それはそれで思うところはありますが、どうなるのかな…。

「職業コスプレイヤー」は果たしていいことなのか

ホワイトペーパーでは、「コスプレイヤーを職業として一般化させる」ということが書いてあります。

今は、コスプレイヤーで稼いでいる人はごく一部で、ほとんどの人が趣味として楽しんでいるのが現状です。

コスプレイヤーを職業として一般化してしまうと、一般人はレイヤー=仕事と思うわけですよね。

そうなったとき、趣味でやっているレイヤーさんたちはどうなってしまうのか気になります。

趣味でレイヤーをしてる人たちの肩身が狭くなってしまうことにはならないと良いなーと思います。

先ほども書きましたが、コスプレが仕事になるということは、芸能事務所などがどんどん入ってくるということです。

金の匂いにつられていろんな人達が入ってくるはず。

そうなった時に、レイヤーさん達がイヤな思いをしないですむ仕組みづくりができてたら良いですよね。

まぁたぶんいろいろとドロドロしたなんやらかんやらがでてくるんでしょうけど…。

「職業コスプレイヤー」はいい面もあれば難しい面もあるのかなーと思っています。

これはAMPLE!の人たち次第でうまいこといくように願ってます。

まとめ:AMPLE!COINはコスプレ界隈のイノベーションと捉える

さんざん心配事を書きましたが、それもイノベーション(革新)だからこそだと思っています。

AMPLE!COINが世の中に浸透するのか、失敗するのか、それがコスプレ界隈にとっていいことだったのか、悪いことなのか、やってみないとわかりません。

停滞してても仕方がないので、こういったイノベーションは試してみる価値はあると思います。

まぁ、正直なところ、儲かるのは運営とか身内だけって感じもする(個人の感想です)ので、大きく突っ込むのはあまり推薦しません。

でも、可能性を感じてめっちゃ成功する!って思ったらそれはそれだと思います。

そもそもICOって成功する確率はめちゃくちゃ低いと言われているので、応援するスタンスでいるのがオススメです。

儲けたい!って人は、ビットコインやビットキャッシュ、モナコインを買ったほうが儲かる確率は高いような気がします。

そんなわけで、興味がある方はまず仮想通貨の取引所に登録してみてください。

ぼくが使っててオススメなのZaif(ザイフ)です。

完全日本語、わかりやすいサイトなのでいいですよー。

あ、でもスマホで仮想通貨の取引したいぜ!って方はコインチェックのほうがいいです。

なぜならスマホアプリが使いやすいから!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

バナーの素人っぽさがスゴいですが、ちゃんとした取引所ですw

ぼくはこの2つの取引所に加えてビットフライヤーも登録しています。

仮想通貨にハマると取引所が1つじゃ物足りなくなってくるのですが、ACOトークンが買えるイーサリアム(ETH)なら上記の取引所、どちらからでも買えますよ!

  • この記事を書いた人

かるぴす

大学に行かないまま、工場の派遣へ。
その後5回の転職を繰り返し、起業。
転職のたびに給与や待遇をアップさせてきました。(たまに失敗してます)
ブラック企業も経験済み。
激務でウツになったときのハロワ職員の対応の悪さは忘れない…!
ウツを克服して副業をガンガンこなし、それを元手に仮想通貨トレードをしています。

-仮想通貨

Copyright© お金がないときに.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.