仮想通貨

ビットコインは危ないのか、難しい話抜きで解説します。

更新日:

ビットコインが危ないと言われる理由は主に、

  • 価格の変動が激しすぎる。
  • 取引所が潰れたら保障がない。
  • ハッキングされて盗まれても保障がない。
  • 詐欺師が仮想通貨を食い物にしている。
  • ビットコインに価値があるのかわからない。

という感じだと思います。

最初はぼくも危ないというか、大丈夫かこれ…という感じでしたが、いろいろ調べているうちに「むしろビットコインを持ってないほうが大丈夫なの…?」という考えになりました。

それぞれの危ない理由についての回答と、なぜビットコインを持ってないとダメなのかをわかりやすく書いていきますので、参考にしてみてください!

※ビットコインは例えば100円からでも買うことができるので、最初は少額で試してみるのをオススメします。

参考:ビットコインはいくらから買える?実は1円から買えます。

ビットコインが危ない理由

その1:価格の変動が激しすぎる

正直、ビットコインはまだ生まれてまもない通貨です。

日本円やドルなどの法定通貨に比べて、価格の変動がかなり激しくなっています。

とは言え、いまのところ基本的にはずっと上昇しています。

つまり持ってれば資産が普通に増えて行くということ。

ちなみに、2017年の4月だと、11万円くらいで1ビットコインが買えました。

その1ビットコインを8月に売ると、45万円になります。

なんと4倍以上の価値になってるというわけ。

たった4ヶ月で資産価値が4倍です。

しかも持っているだけで!

ビットコインの価値が上がるたびに、経済評論家が「これはバブルだ!危ないぞ!すぐに暴落するぞ!」と言っていました。

でも実際は暴落せずに、順調に価値をあげています。

本当に危ないのは、仮想通貨の波に乗れてない評論家だったりして…。

※追記:12月4日についに130万円を突破しました。

その2:取引所が潰れたら保障がない

マウントゴックス事件という有名な事件がありました。

簡単に言うと、マウントゴックスというビットコイン取引所がビットコインを紛失してしまったという事件です。

ハッキングされたとも、内部犯行とも言われています。

こうなった場合、法的に保障はされません。

取引所にビットコインを置きっぱなしにしていた人は泣き寝入りです。

※最近の裁判によると、もしかしたら戻ってくるかも、ということでした。

信頼のできる取引所を使うことで、このリスクを減らすことは簡単にできます。

ぼくが使っているコインチェックは、「インターネットから隔離された状態でお客様の仮想通貨資産を保管」しているので、セキュリティは万全です。

あとは、パスワードの使い回しをしない、2段階認証をするなどあなた自身がハッキングされないように注意することで、多くのリスクを回避することができます。

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

さらに自分でwallet(ウォレット)というビットコインを入れるお財布的なアプリを持っていればさらに完璧になります。

その3:ハッキングされて盗まれても保障がない。

先ほども少し書きましたが、もしあなたのパソコンがハッキングされて、ビットコインを盗まれたとします。

お金をタンスに入れておいて、盗まれるのと同じですね。

そうなった場合、お金(ビットコイン)を取り戻すのは至難の業です。

そうならないようにするためには、

  • パスワードは長くて複雑なもの&使い回しをしない。
  • スマホで2段階認証を設定する。

この2つはゼッタイにやっておきましょう。

2段階認証ってなに??と言う方でも、コインチェックに登録すればやり方が書いてあるので安心してください。

設定自体は1分かからないでできちゃいます。

パスワードは意味のあるものではなく、ランダムに選んだ文字を使いましょう。

パスワードをランダム生成してくれるサイトがあるのでそれを使ってください。

参考サイト:パスワードジェネレータ

その4:詐欺師が仮想通貨を食い物にしている。

仮想通貨は儲かる!というイメージがあり、実際にビットコインの価格はずっと上がり続けています。

そのイメージを食い物にしている詐欺師は少なからずいるんですよね…。

詐欺師の特徴としては、Twitterなどで顔出し&BBQしたりしています笑

真面目な話をすると、取引所でビットコインを買っていれば詐欺にはあいません。

逆に、誰かから取引所を介さずに買うよう持ちかけられた場合、ほぼ100%詐欺です。

その5:ビットコインに価値があるのかわからない。

ビットコインって本当に価値があるの…?とぼくも正直最初は思っていました。

でも、価値は認められてきています。

だからこそ40万円以上の価格で取引されているわけです。

お金は正直ですね。

むしろ、日本円はどうなの…と最近は思ってきました。

戦後は1ドル360円でした。

今は大体1ドル110円くらいになっています。

円の価値って普段の生活では変わってないように感じますが、実は結構変わってるんですよね。

さらに最近は北朝鮮や中国、韓国の脅威があります。

もし戦争になったら、円の価値はめちゃくちゃ下がってしまいます。

日本国内で「戦争反対!」って叫んでたって北朝鮮にはなんの効果もありません。

その点、ビットコインは国に縛られない通貨です。

逆に日本円をビットコインにする流れがさらに大きくなり、ビットコインの価値はどんどん上がっていくのではと考えています。

もちろん、戦争にならないのが一番ですが、ビットコインはそういった時にも有利な通貨と言えるのです。

結論:ビットコインは危なくない。むしろ知らないほうがアブナイ

仮想通貨は、日本だけでなく全世界で注目されています。

正直、日本に住んでてユーロやドルを買おうとしないですけど、それは海外の人だって日本円を買わないですよね。

でも、ビットコインは全世界の人が価値を認めている(価格が上昇している)通貨です。

早い段階で手に入れておかないと、どんどん価値があがってしまって取り残されてしまうことだって考えられるのです。

ちなみに、ビックカメラや一部の飲食店などでは、すでにビットコインでの支払いもできるようになっています。

これからどんどん社会に普及していく(と思われる)ビットコイン。

少しだけでも持っていて損はないはずです!

ぼくはそう思ってビットコインを保持しています。

最後に、ビットコインに興味を持った方にむけてぼくが使っている取引所のご紹介です。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ぼくはこちらのコインチェックをメインに使っています。

サイトはわかりやすいし、登録も簡単なのでオススメですよー!

  • この記事を書いた人

かるぴす

大学に行かないまま、工場の派遣へ。
その後5回の転職を繰り返し、起業。
転職のたびに給与や待遇をアップさせてきました。(たまに失敗してます)
ブラック企業も経験済み。
激務でウツになったときのハロワ職員の対応の悪さは忘れない…!
ウツを克服して副業をガンガンこなし、それを元手に仮想通貨トレードをしています。

-仮想通貨

Copyright© お金がないときに.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.