転職

生涯年収の平均にダマされるな!学歴よりもヤバい理由

投稿日:

生涯年収の平均って、だいたい2億円ちょっとって言われてますよね。

でもこれ、ある程度「年功序列」があっての出し方だと思うんです。

ちなみに2016年のデータを見てみましょう。

男性 女性
中卒 1億9千万円 1億3千万円
高卒 2億1千万円 1億5千万円
専門卒 2億1千万円 1億7千万円
大卒 2億7千万円 2億2千万円

※データはユースフル労働統計を参考にしました。

なるほど、たしかに平均は2億円くらいになっていますし、大卒男性は2億7千万円にもなっています。

ただこのデータには条件があって、

  • 60才までずっと正社員
  • 退職金も含まれる
  • 転職はしても働いてない期間はないものとする
  • 転職した場合は同じ規模の会社に転職したものとする

という人たちだけの平均値なわけです。

つまりこの時点で、派遣社員だったりした人はここまで貰えることはないと思ったほうがいいです。

そもそも数値は平均であって中央値ではありません。

平均というのは、めちゃくちゃ高い生涯年収の人がいれば、それにつられて平均も高くなります。

例でいうと、

生涯年収10億円の1人と生涯年収1億円の人が3人いたとします。

その場合の平均生涯年収は3.25億円になります。

これが平均のワナです。

では、現実的なところで生涯年収はいったいいくらくらいになるのでしょうか。

調べてみたので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

生涯年収の平均は現実よりも高い!

日本のトップ企業に勤めたときの生涯年収

さて、先ほど「高い生涯年収の人がいれば、その分平均は高くなる」と書きました。

実際に日本のトップ企業の生涯年収を少し見てみましょう。

順位 社名 生涯年収の平均 どんな会社?
1位 キーエンス 6億7323万円 営業が強い会社
2位 日本M&Aセンター 5億6628万円 企業の合併買収を仲介する会社
3位 GCAサヴィアン 5億6603万円 企業の合併買収を仲介する会社
4位 朝日放送 5億2849万円 テレビ会社
5位 テレビ朝日ホールディングス 5億0386万円 テレビ会社
6位 野村ホールディングス 4億9710万円 投資銀行・証券持株会社
7位 伊藤忠商事 4億9693万円 大手総合商社
8位 フジ・メディア・ホールディングス 4億9481万円 テレビ会社
9位 三菱商事 4億7685万円 大手総合商社
10位 三井物産 4億7427万円 大手総合商社

※2015年データ

という感じになっています。

いやーさすがエリート中のエリートですね~。

ちなみに500位くらいになってくると、2億6000万円くらいになります。

あれ、これって大卒の平均生涯年収と同じくらい…。

つまりサラリーマンの場合、

日本のトップ500位くらいまでの企業で60才までみっちり働かないと、平均レベルの生涯年収はもらえないということになります。

(すごくざっくりですが)

ちなみに日本の会社は5,779,072社あるみたいです。(総務省統計局の2015年のデータ)

約580万社…。

その中で500位の生涯年収が2億6000万円なわけです。

…ほとんどの人、平均の生涯年収に届いてなくないですか?

年齢別平均年収を見てみよう

続いて、年齢別の年収をみてみることにしましょう。

20~24才 265万円 231万円
25~29才 378万円 297万円
30~34才 446万円 301万円
35~39才 502万円 293万円
40~44才 564万円 290万円
45~49才 629万円 290万円
50~54才 656万円 291万円
55~60才 632万円 270万円
生涯年収 2億360万円 1億131万円

こんな感じになりました。

たしかに男性だと2億円超えてますね…。

ただし、これも悲しいかな、「平均で出した数字」なのです。

割合で言えば、平均に満たない年収の方のほうが多いんじゃないでしょうか?

ここで日本のトップ企業の平均年収を見てみましょう。

順位 社名 平均年収
1位 M&Aキャピタルパートナーズ 1947万円
2位 フジ・メディア・ホールディングス 1506万円
3位 TBSホールディングス 1499万円
4位 朝日放送 1479万円
5位 日本テレビホールディングス 1499万円
6位 キーエンス 1440万円
7位 日本M&Aセンター 1412万円
8位 テレビ朝日ホールディングス 1395万円
9位 伊藤忠商事 1384万円
10位 三菱商事 1355万円

という感じになっています。

さすがトップ企業って感じですね~。

ちなみに、500位くらいになると平均年収は700万円台になってきます。

正社員と派遣の差は思った以上にスゴい

正社員ですら、上位の会社に居ないと生涯年収が2億円いかなさそうですが、さらに派遣社員だとどうなるでしょうか。

2016年の厚生労働省のデータです。

年齢 正社員の平均月収 派遣社員の平均月収 格差
20~24才 20万8千円 18万2千円 2万6千円
25~29才 24万3千円 20万円 4万3千円
30~34才 28万1千円 21万円 7万1千円
35~39才 31万3千円 21万3千円 10万円
40~44才 34万4千円 21万円 13万4千円
45~49才 37万8千円 20万7千円 17万1千円
50~54才 40万円 20万円 20万円
55~59才 39万3千円 21万1千円 18万2千円
60~64才 30万6千円 23万4千円 7万2千円

正社員は50代まで順調に上がっていくのに対し、派遣社員はまったくと言っていいほど給与が上がっていません。

これは結構ヤバいですよね。

20才から60才まで給与が20万円だとすると、生涯年収は9600万円です。

最初の生涯年収の平均は2億を超えるってのはなんだったんだ、という感じです。

派遣社員はヤバいというのがわかってもらえたでしょうか。

ちなみにぼくも派遣社員で働いてましたが、転職して正社員になれました。

意外と正社員になるのは簡単だったりします(特に若ければ若いほど)

正社員でも安心していられない!?あなたの給与はあがっていますか?

ぼくは正社員としていくつかの会社で働いていたんですが、会社によっては大きな問題がありました。

それは…。

給与の上限がわかっちゃうこと、です。

自分より職位の高い人の給与が平均年収に満たないことがわかったとき、あなたならどうしますか?

  1. 仕事をめちゃくちゃがんばって、会社の売上を何倍にもして年収を上げる。
  2. 年収が上がる可能性がありそうな会社に転職する。

とれる選択肢はこの2つのうちどっちかですよね。

ぼくは2番を選びました。

正直なところ、働くなら儲かってない会社よりも儲かってる会社で働きたいです。

仕事の内容が同じだったりすればなおさらのことですよね。

そんなこともあって、ぼくは転職をがんがんしていきました。

派遣社員から正社員、さらにもっと給与の良いところ、待遇の良いところ…。

そうやって転職していくうちに、いろんな世界を学び、自分のスキルアップにもつながりました。

転職ってマイナスのイメージを持ってる人が多いですけど、実際にやってみるとプラスの面も多いんです。

あなたが先ほどのトップ500位までの会社で順調に昇進を続けているのであれば、そのままで良いと思います。

でもそうじゃない場合は、より良い企業に転職するほうが理にかなっています。

まずは転職サイトで転職エージェントに無料相談してみて、あなたにぴったりの会社を探してみてはどうでしょうか?

後になって「あのとき転職していればなぁ…」なんていう後悔をしないですみますよ!

最近、グイグイきてる転職サイトはWORKPORT(ワークポート)というサイトです。

IT系の業界に強く、これからの時代にぴったりの転職サイトなので、ぜひ登録してみてください!



  • この記事を書いた人

かるぴす

大学に行かないまま、工場の派遣へ。
その後5回の転職を繰り返し、起業。
転職のたびに給与や待遇をアップさせてきました。(たまに失敗してます)
ブラック企業も経験済み。
激務でウツになったときのハロワ職員の対応の悪さは忘れない…!
ウツを克服して副業をガンガンこなし、それを元手に仮想通貨トレードをしています。

-転職

Copyright© お金がないときに.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.