転職

5回も成功した転職の決め手。これを守れば失敗しない!

副業長者ノリスケ

副業長者ノリスケ

工場の派遣から転職を5回繰り返して年収800万円到達。 ブラック企業もウツも経験済み。 なんとなくではじめた副業が本業よりも稼ぐようになったので起業しました。

投稿日:

まず、「5回も転職してる時点で成功してないだろ!」というツッコミがあるかと思います。

でもそれは違うのです!言い訳じゃないですよ!w

ぼくは転職のたびに待遇を良くしていく、いわゆるジョブホッパーという生き方をしていました。

工場の派遣社員という将来どうすんの的な仕事から転職に転職を重ね、最終的にはweb製作会社のデザイン部長になってました。

さらに手に職もつき、人脈もできたりして、副業が本業よりも稼ぐようになり現在は独立しています。

こういう感じに、うまいこといく転職というのは、誰しもやろうと思えば簡単にできちゃいます。

うまいこといく転職のポイントは、

転職の決め手を見誤らないこと

が大事です。

というわけで、今回はどうやって転職の決め手を見極めていくかを書いていきます。

ぜひ参考にしてみてください~。

5回も成功した転職の決め手。これを守れば失敗しない!

逃げの転職なのか、攻めの転職なのかをハッキリさせる

転職は大きく2つにわかれます。

  • 今いる企業がヤバいので、早く別な会社に行きたい(逃げの転職)
  • 今いる会社でもうまくやってるけど、もっと高みを目指したい(攻めの転職)

この2つしかありません。

逃げの転職っていうと聞こえは悪いですが、やらないとウツになったりしてしまうので、より転職の重要度は増します。

ヤバいところからは早く逃げたもの勝ちです。

逆に、自分のスキルアップを目指す攻めの転職は、転職先をじっくりと選ぶ余裕があります。

まずは自分に余裕がある状態なのかどうか、を再確認してみてください。

それによって、転職の仕方が変わってきます。

逃げの転職における決め手を考える

逃げの転職の場合、とりあえず早く脱出することがキモです。

とはいえ、逃げた先も同じような超絶ブラック企業だったら意味がありません。

まずは自分のいる業界をあらためて考え直してみましょう。

  • その業界は本当に稼げる業界ですか?
  • 未来も仕事が残ってそうな業界ですか?
  • 業界全体の平均給与はほかの業界と比べて高いか同じくらいですか?

これらに1つでもNOと答えたのであれば、若い方には別業界への転職をオススメします。

ぼくも、工場の派遣社員からいきなり美術展などの印刷デザインをやる会社に転職しました。

なぜデザインだったかというと、経験を積めば積むほど、自分自身の力になるからです。

工場でいくら働いていても、自分の力にはなりません。

多少ライン作業が早くなるだけで、それ以上の価値はないのです。

デザインができる人材になれば、たとえ会社がなくなったとしても、別な会社にすぐ就職することができます。

工場で働いてるだけだったら、その工場がなくなったとき、別なところですぐに働けるかというと微妙ですよね…。

派遣社員として働けばいいかもしれませんが、給与は確実にあがりません。

逃げの転職で重要なのは、

転職先は自分のスキルを上げることができるところか

というポイントが決め手になります。

20代だったら、未経験OKな会社にガンガン面接してみましょう。

30代でも、がんばれば気合いでイケるはず。

40代だったら…未経験業種はちょっとキビシイかもしれません。

攻めの転職における決め手を考える

今の業種、職種に満足しているけど、もっと高みを目指したい…!

そういう場合は、在職中の転職活動がメインになります。

転職の決め手となるものは

  • 扱ってる案件の大きさ
  • 自分のやりたいことがどれだけ実現できそうか
  • やりたくない仕事はどれくらい多そうか
  • 給与・待遇は今より悪くならないか
  • 転職先の部署に、超有能な人はいるか

主にこれらになってきます。

ぼくが特に重要視するのが、

転職先の部署に、超有能な人はいるか

というところ。

超有能な人が身近にいると、その人から受ける影響は計り知れません。

どんないい影響があるかというと、

  • 仕事の効率的なやり方を見て学べる
  • 仕事外の副業(有能なひとはだいたいやってます)を知ることができる
  • 人生観を学べる
  • 身近な目標としてがんばることができる

などなど…。

ぼくも、周りで副業をやってる人がいなかったら、今の生活はできてなかったと思います。

副業って、やったことない人からすると「普段から仕事をしてるのにさらに仕事をするなんてめんどくさそう」って思うかもしれません。

でも実際やってみると、「本業では身につかないスキルが身に付いて年収がめっちゃ上がるし、意外と遊ぶ時間もある」ってなります。

その代わり、普段、遊びも仕事もしないでぼーっとテレビを見てるムダな時間はなくなりますw

ぼくは10年近く、テレビ(地上波)をほぼまったく見ていませんが、とくに困ったことはありません。

ニュースはネットでわかるし…。

テレビを見ている時間というのは、思った以上にムダな時間になっていることが多いです。

そういった時間を副業にあてるだけで、生活水準はものすごく向上していきます。

話が逸れましたが、とにかく超有能な人のライフスタイルをマネするだけで人生変わる、ということです。

転職サイトを活用する

ぼくは、ハローワークの転職活動についてまったくいい思い出がありません。

なぜか妙に上から目線のおばさんが適当に出してくる求人なんてロクなのがないのです。

そもそもその求人を出してくるおばさんは、どんな会社の求人かなんて知らないことが多いです。

マジで役所仕事なんだな…と思いました。

そんなのに時間を使うのではなく、転職サイトを利用するようにしましょう。

エン・ジャパン、リクナビネクストなど大御所どころを数か所登録して探すのが鉄板です。

それぞれの転職サイトのエージェントも利用しますが、正直、エージェントもデキる人とデキない人の差が激しいです。

20代のとき、某転職サイトのエージェントのおばさんに「あなたなら年収400万円くらいが妥当ねぇ…」と小馬鹿にされましたが、その後すぐに年収は800万円を超えました。

エージェントと言えども、発言をすべて真に受けてはいけません。

ていうか転職にあたって、おばさんからの風当たりが強いのはなぜだろう…w

逆にすごく親身になってやってくれるエージェントの方もいるので、担当がハズレたな、と思ったら別な転職サイトのエージェントを選ぶようにしましょう。

会社情報は鵜呑みにせず、面接のときの雰囲気を決め手にしよう

会社が求人を出す時の情報は、だいたいイイコトしか書かれていません。

データで見る情報よりも大事なのが、会社の雰囲気です。

いい会社は絶対的に空気感がいいんですよね…。

それを判断するためには、面接の時が勝負です。

面接が終わったあとにでも、「御社の仕事風景を見学させていただきたいのですが…」と言ってみると、社内を見せてくれることが多々あります。

そこで働いている人達の表情、目つき、張り紙、デスク周りなどを見てみて下さい。

その会社の本当の姿が見えてくると思います。

IT系の方は、ほとんど私服通勤だと思うので、服装の系統を観察するのもアリです。

自分と似たような服の系統だったら、相性が合う確立は高くなります。

意外と服の系統ってその人の個性がでるので、バカにできないんですよね…。

ワンマン会社の場合は、社長のSNSをチェックする

社長の権限が強いワンマン会社の場合は、社長との相性がいいのかが非常に大きな決め手となります。

ワンマン社長は大抵の場合、情報発信欲が強いのでなにかしらのSNSをやっています。

Facebook、ブログ、ツイッターなどをチェックしてみましょう。

ウェイ系の社長なのか、堅実系の社長なのかなどまるわかりです。

休日も社員と遊ぶタイプなのか、休日は家族とまったりすごすタイプなのかなど、社長の人柄を覗いてみましょう。

そもそもSNSをまったくやってない社長もいますが、その場合、社風自体もかなり古風なことが多いです。

時代に取り残される会社ではないかなど、それ自体も転職の判断材料にしましょう。

テクノロジーの進化でなくならない仕事か考える

テクノロジーの進化は、思ってる以上に早いです。

20年前にはスマホはなかったですが、いまや国民のほとんどが所有しています。

ガラケーしか作れない工場とかはもうすでになくなってしまっていますよね…。

転職するときは、

今後20年くらいは仕事があるかどうか

ということも決め手になります。

例えばタクシードライバー。

今後、自動車の自動運転が普及してくると、自動運転する車のカーシェアが飛躍的に普及すると予想されます。

例えば、あなたが深夜に映画を観に行ったとします。

映画館を出たらスマホでカーシェアアプリからポチッと車を呼びます。

数分後、あなたの目の前には全自動の車がとまっており、それに乗ったらあとは自宅まで勝手に行ってくれる…というわけです。

タクシーよりも低コストで、さらに利便性が高いため、タクシードライバーという職業がなくなる可能性は高いですよね。

ほかの例もあげてみましょう。

例えば運送業者。

今後、ドローンの発達により、ドローンが荷物を運んでくれる光景が一般化すると予想されます。

すでにアマゾンはそういった特許を取っておりテストも完了しているので、予想よりも早く実現するかもしれません。

そうなってくると、運送ドライバーは仕事が減ることになります。

さらに言うと、いままでは「ちょっと小腹が空いたからコンビニでも行くか」となっていました。

これからは「ちょっと小腹が空いたからアマゾンでポチるか。すぐにドローンが届けてくれるし」という感じになっていきます。

そうすると、コンビニはかなりキビシイことになりますよね…。

今でもアマゾンのプライムナウを使うと、注文から40分ほどで届けてもらうことができます。

このように、テクノロジーの進歩によって、生まれる仕事もあればなくなっていく仕事もでてくるのです。

これからは、機械化、自動化、仮想現実化などでなくならない仕事かどうかは非常に重要な決め手となります。

まとめ:転職の決め手は、「将来の自分をイメージすること」

究極的な決め手は

将来、自分がどのように働いているのか

をイメージすることです。

そのイメージを実現させていくためにはどのように転職をしていったらいいのか考えてみましょう。

極端な例でいうと、

将来は、楽してがっぽりお金を稼ぎたいなぁ…

って思ってたとします。

そしたら、どのような選択肢があるでしょうか。

  • 会社を作って、部下に全部やらせる。
  • 投資の勉強をして、投資家としてスキルを磨く。
  • 物価の安い海外に移住して、そこから日本の仕事をリモートワークする。

など、いろんな方法があります。

楽してがっぽり稼ぎたい、という一見、「そんなの無理じゃない…?」ということですら、やり方は何通りもあるのです。

無理だ、と決めつける前に、自分がどうやって働いていたいかをしっかりと見据え、転職していきましょう。

それこそが成功する転職の決め手なのです。

ネイティブ広告

ネイティブ広告

サラリーマンでも楽しくできる副業ランキング

  • この記事を書いた人
副業長者ノリスケ

副業長者ノリスケ

工場の派遣から転職を5回繰り返して年収800万円到達。 ブラック企業もウツも経験済み。 なんとなくではじめた副業が本業よりも稼ぐようになったので起業しました。

-転職

Copyright© お金がないときに.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.