転職

【派遣5年】派遣社員のメリットよりデメリットが多いという話

投稿日:

僕は、派遣社員を5年ちょっとやったことがあります。

どこに派遣されていたかと言うと、主に工場がメインで、エアコンの工場と半導体の工場の2つを経験しました。

どちらも働いていたときはそれなりに充実していたんですが、あとから考えると割のいい働き方ではないな…、というのが僕の出した結論です。

もちろん派遣ならではのメリットもありますので、必ずしもゼッタイにやるな!ってわけではありません。

ぼくが実際にやってみて感じたメリットとデメリットを書いていきますので、よかったら読んでみてください~。

スポンサーリンク

派遣社員のメリット

寮があるところがほとんどなので、田舎から出てきた人には便利

ぼくは北海道に住んでいて、出稼ぎというか仕事を求めて本州に出てきました。

そんなとき、住む場所があらかじめ用意されているとすごくラクなんですよね。

北海道にいた時に、学校で派遣会社を紹介され、するっと紹介されるがままに入社して気がついたら工場で働いていました笑

流れとしては、北海道で派遣会社に登録する→静岡に行ってと言われる→静岡の寮に住みつつ工場で働く、という感じ。

引越しにかかわるめんどくさいことはいっさいありません。

部屋にはあらかじめエアコンや布団などがありました。

冷蔵庫は寮の談話室みたいなところに共同で使うのがあったかな…ここらへんは寮によって違うみたいです。

とりあえず手ぶらで行っても大丈夫なようにはなっています。

ただし、寮にオシャレさとか高級感を期待してはいけません。

寮費はかなり安く設定されている分、住むのに最低限な仕様になっています。

それでも、右も左も分からない田舎者だった自分にはちょうど良かったような気がします。

働く期間をあらかじめ決めることができる

働く期間を1年とかあらかじめ言っておけば、その期間だけ働くことができます。

…とはいえ、正社員でも1年経った時に辞めます、って言えば辞めれるんですよね…。

なのであんまりメリットではないかも。

ちなみに派遣社員は同じところで3年以上働くことはできません。

つまり、派遣先でスキルを積んでめちゃくちゃその工場で働けるようになったとしても、3年経ったら移動になり、また一から覚え直しです。

アルバイトよりは給与が高め

アルバイトよりはさすがに給与が高めになっています。

というか、工場ではアルバイトがいないので派遣は最底辺の給与形態になっちゃうわけですけど…w

組織的な人間関係のめんどくささはさほどない

同じ会社にずっといるわけではないので、会社の派閥争いなどには参加しないですむのはメリットです。

ただし、同じ派遣同士や社員とのいざこざはあります。

ヒドイところだといじめもあったりするので、その場合はすぐにやめちゃいましょう。

ぼくは比較的、そんなにトラブルはなかったかな…1.2回、めちゃくちゃ怖い感じの工場の人に脅されたことはありましたけどw

派遣社員のデメリット

正社員との格差を感じることが多々ある

派遣社員を差別しない!というのが建前であったとしても、正社員との格差はいたるところで感じていました。

半導体の工場では24時間稼働だったので、1日12時間労働で昼勤と夜勤が交代するシステムでした。

工場の正社員の勤務体系は3勤3休(3日働いて3日休んで、昼勤と夜勤が入れ替わる)

派遣社員は4勤2休です。(4日働いて2日休み。その後、昼勤と夜勤が入れ替わる)

ちなみに仕事内容は工場の正社員も派遣社員もほぼ一緒でした。

単純に、正社員は月に4日働く日が少なく、休みが4日多い計算になります。

なんとも理不尽ですが、これが派遣社員なのです。

みんなそれを当たり前のように受け入れており、誰も文句を言って辞めたりはしていませんでした。(ぼくも含め)

正社員のほうが給与が高い

さらに工場の正社員のほうがもちろん給与が高いです。

休みが多いのに給与が高いなんて…。

しかも工場の正社員は、高卒で入った人もちらほらいました。

高卒で入った人が自分と同じくらいの年齢になったとき、間違いなく正社員のほうが給与が上になります。

それだけではなく、ボーナスの額も全然違います。

年齢の差もありますが、ぼくがいたところでは正社員100万円、派遣10万円でした。

これにはかなりガックリきましたね…。

将来性がない

派遣でも頑張れば、工場の人に認められて正規雇用の道が開ける!なんて聞いたことがあるかもしれません。

でも、そんなことになった人は1人もいませんでした。

仕事が結構できる人ですら、正規雇用にはならず別な工場へと派遣されていきました。

結局のところ、派遣社員は使い捨てなのです。

そのことは自分でやってみて実感しました。

先ほども触れましたが、3年以上同じ場所で働くこともできません。

3年ごとに職場が変わり、まったくの素人で一番下の立場からやらなければいけないのはかなりシンドいです。

若いうちはいいんですけどね…。

親戚に言えない

僕の場合、中小企業の正社員よりも、派遣社員は下に見られてしまいました。

まぁ実際そうなんですけど…w

やっぱり派遣社員は将来性がないという認識が結構広まっていますよね。

正社員の道は意外と見つかる

今は就職が難しいっていうから、派遣しかないや…と諦めていませんか?

ぼくは派遣社員になったものの、どうにも派遣はイヤだったので転職活動をしたところ、何社か正社員の内定をもらうことができました。

もちろんブラックじゃない企業ですよ!w

やる前から諦めてしまうのではなく、実際に転職活動をすることが大切なんだなーと学んだ次第です。

ちなみにぼくはその後もスキルアップと給与アップを求めて4.5回転職活動をして、無事転職できています。(もちろん正社員)

転職のポイントは

ハローワークで見つけない

ということ。

ハローワークの求人はブラックなところも多く、地雷です。

ちゃんと求人サイトに求人を載せている企業にしましょう。

ぼくのオススメは、

マイナビエージェント

です。

なぜここが良いかというと、転職に不慣れな場合でも無料でエージェントが教えてくれるんです!

自分だけだと、どんな求人に応募したらいいのかわかりませんよね。

あなたにあった求人を見つけ出して、しかも面接のアドバイスまでしてくれるサービスがあるので、すごくラクに転職することができますよ!

なにより無料でやってくれるというのが良かったです笑

ぜひ正社員の仕事を探してみて下さいー!

  • この記事を書いた人

かるぴす

大学に行かないまま、工場の派遣へ。
その後5回の転職を繰り返し、起業。
転職のたびに給与や待遇をアップさせてきました。(たまに失敗してます)
ブラック企業も経験済み。
激務でウツになったときのハロワ職員の対応の悪さは忘れない…!
ウツを克服して副業をガンガンこなし、それを元手に仮想通貨トレードをしています。

-転職

Copyright© お金がないときに.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.