転職

【5回連続成功】失敗しない転職の動機の語り方

副業長者ノリスケ

副業長者ノリスケ

工場の派遣から転職を5回繰り返して年収800万円到達。 ブラック企業もウツも経験済み。 なんとなくではじめた副業が本業よりも稼ぐようになったので起業しました。

投稿日:

ぼくは特に自慢することがあまりないですが、しいて言えば、「転職で困ったことがない」というのがあります。

転職を5回ほどして今は起業しているのですが、転職はいつのときもスムーズにいきました。

とはいえ、僕自身、高スペックなわけではありません。

大学は出てないですし、なにより転職回数が多いので、普通だったら転職に苦労しそうです。

でも、転職をするときに現状より悪い待遇のところに行ったことがありません。

良い会社にサクッと転職を決めています。

どうやったらそうできるのか…。

いろいろポイントはありますが、大事なのは主に2つです。

  1. 書類審査に通りやすそうな資料作り
  2. 面接でウケる転職動機

この2つをうまいことやれば、いい感じに転職をキメることができます。

今回はとりあえず、面接でウケる転職動機の語り方を書いていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

【5回連続成功】失敗しない転職の動機の語り方

動機は様々なようで、根っこは一緒

正直なところ、転職したい動機はひとそれぞれです。

「年収を上げたい」

「人間関係に疲れたから別なところに行きたい」

「もっと違うことをしてみたい」

「モテる職業につきたい」

「合コンでドヤ顔できる会社に行きたい」

「モテたい」

などなど…。

でも、大元をただせばみんな一つの動機にたどり着きます。

それは、

いまよりもシアワセに仕事がしたい

ということ。

まずはその原点に立ち返ってみましょう。

シアワセに仕事がしたい、をどうやって魅力的に伝えるか

基本的に、会社が人を採用するときに考えるポイントは一つです。

それは、

会社にとって役に立ちそうな人材かどうか。

これにつきます。

ということは、あなたに「会社にとって有用な人材っぽい動機」があればお互いにハッピー!ということですね。

でも面接でウソはいけません。

薄っぺらいウソは意外と簡単にバレます。

バレなくても、あとあと入社後にバレてメンドクサイことになる場合もあります。

ウソをつかないように、そして会社にとって有益なように動機を話しましょう。

具体的にどういう動機がいいのか

先程、誰しも「シアワセになるために転職をする」と書きました。

まずは、あなたが行きたい会社に入ったときに、どのように活躍するのかを想像してみてください。

もし全く働いているところが想像できないのであれば、それはまだ転職しないほうがいいかも。

転職してどのように働きたいのかというビジョンがあってこその成功です。

例えば、

「デザイン会社に入って、自分のデザインで新たな客層を開拓したい」

「会社が扱ってる商品に惚れたので、その商品をもっといろんな人に売りたい」

「前職での経験を活かして、売上をもっとあげて給与に反映させたい」

などなど…。

どのように働きたいのかをイメージすると、それがそのまま「会社が欲しい人材」のイメージに近くなりませんか?

間違っても新卒みたいな動機はよくありません。

「御社に憧れてて入りたくて…」とか

「大手で安定しているので…」「成長できそうな会社なので…」とかはサイアクです。

転職の時に求められるのは、主に即戦力ということは忘れないようにしましょう。

相手が欲しい人材を見抜く

面接で大事なことは、相手の質問につつがなく答えることだけではありません。

こちらも相手を観察することが大事です。

しっかり観察して、質問をしながら「相手が欲しがってる人材のイメージ」を引き出します。

保守的なマジメな人材が欲しいのか、それともイケイケの体育会系の人材が欲しいのか…。

面接は相手があなたを判断するだけの場所ではありません。

あなたも相手を判断し、対応することが大切です。

動機を元にしたポートフォリオ(資料)をつくるとなお良し

転職の動機が前向きなものである場合、その根拠となるポートフォリオを作成すると転職の成功率は上がります。

例えば、

  • デザイン会社に入って、自分のデザインで新たな客層を開拓したい場合・・・自分の手がけたデザインを解説つきで資料にする。
  • 会社が扱ってる商品に惚れたので、その商品をもっといろんな人に売りたい・・・自分だったらどんな販売戦略を建てるかなどを資料にする。
  • 前職での経験を活かして、売上をもっとあげて給与に反映させたい・・・前職ではどれくらい売上をあげて貢献していたのかを数字で説明する。

などです。

正直なところ、動機を語るだけなら誰でもできるので、ほかの就職希望者との差別化ができません。

しかし、動機を元にしたポートフォリオを作って持っていけば、やる気は必ず認められるはず。

面倒かもしれませんが、こういったことが転職の成功率をグーンとあげるのです。

それに何回も転職活動をして落ちるより、資料を作って希望の会社に一発で受かるほうがいいですよね。

もし逆に、あなたが人事だった場合を考えてみて下さい。

2人の就職希望者がいて、1人はそれっぽい動機を語りました。

もう1人は、動機を語るだけでなく、資料まで作ってきました。

どちらを採用したくなるかは明白ですよね。

動機の内容をどう語るかも大事ですが、その根拠となる資料を作ることはもっと大事です。

ぜひ、人事担当が驚くような資料を作って、あなたの動機を納得させましょう!

ネイティブ広告

ネイティブ広告

サラリーマンでも楽しくできる副業ランキング

  • この記事を書いた人
副業長者ノリスケ

副業長者ノリスケ

工場の派遣から転職を5回繰り返して年収800万円到達。 ブラック企業もウツも経験済み。 なんとなくではじめた副業が本業よりも稼ぐようになったので起業しました。

-転職

Copyright© お金がないときに.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.