治験

治験のバイトとは?意外と知られていないその実態

更新日:

お医者さんイメージ

治験、と聞いても、文字だけではなんのことかわかりませんよね。

うわさでなんとなく、「薬を飲んで寝てれば、高額の謝礼がもらえる、だけどなんか不安」ということを聞いたことがあるくらいじゃないでしょうか?

実際に治験とは一体なんなのか、会社員でも大丈夫なのか、はたまた学生でもいいのかなど、基本的な疑問をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

治験のバイトとは?

そもそも治験はアルバイトではありません

治験は、新しい薬の認可を得るために行われるテストのことを言います。

治験に参加するということは、このテストにボランティア(お金はもらえますが)で参加するということなのです。

それに対してアルバイトというのは、”雇用”になります。

後で詳しく説明しますが、この”雇用”か”ボランティア”かというのは実はかなり重要なポイントになってきます。

ボランティアだけどお金がもらえる?

治験に参加することはボランティアですが、謝礼(協力費)をもらうことができます。

これはつまり、ボランティアをしてもらう時に拘束される時間(実際に拘束されるわけじゃありません笑)、禁止事項(飲酒や喫煙など)、採血などの身体的負担があるので、それらを軽減する目的で支払われるものになります。

治験の種類によって、金額はさまざまですが、一般的に高額なものほどリスクは高いと言われています。(もしくは拘束時間が長いなど)

参考記事:治験ってどれくらいもらえるの?

治験にはだれでも参加できる?

年齢や期間などの条件を満たしていて、健康診断に引っかからなければ(もしくは特定の疾患があれば)参加できる可能性が非常に高いです。

治験にもアルバイトみたいな志望動機とか聞かれる面接がある?

治験は雇用ではないので、アルバイトのような面接はありません。

そのかわり治験に適合しているかどうか、健康診断があります。

その健康診断で合格すれば、治験に参加することができるようになるのです。

治験に参加して、やっぱり怖くなって途中でやめたくなった場合

治験は「個人の自由意志」がとても大切な部分になります。

ですので、途中で辞めたくなったら、即刻やめることができます。

怖い話でありがちな「警備員に拘束された!」なんてことはありませんので、安心してください。

参考:治験の怖い噂は本当なのか?

治験の内容ってわからないの?

最初に説明会があり、そこで薬の効果や副作用などをお医者さんから説明されるので、心配ありません。

わからないところがあったら、素直に質問するようにしましょう。

スポンサーリンク

治験に参加する日って自由に選べるの?

アルバイトはシフトをある程度自由に決めれると思いますが、治験の場合はそうはいきません。

もともと設定されている日程に合わせる必要があります。

社会人の場合はここがなかなか難しいですね…。

アルバイトや仕事をすでにやっている場合、治験をすると副業になるの?

最初にも書きましたが、治験はあくまで「ボランティア」です。

ですので、副業にはあたりません。

つまり会社で副業を禁止していても、治験はそれには当てはまらないということになります(とはいえ、会社によってはダメだと思いますが)

治験は連続して参加することはできません

治験を1回やると、その後には休薬期間というものがあります。

その理由として、薬の影響がわずかでも残っていると、データ収集に影響がでるため。

そして、健康を損なう可能性があるためです。

治験をしたら、かならず休薬期間中は別な治験をしないようにしましょう。

ウソをついてもバレてしまいますよ!

※治験は自己責任です!

  • この記事を書いた人

かるぴす

大学に行かないまま、工場の派遣へ。
その後5回の転職を繰り返し、起業。
転職のたびに給与や待遇をアップさせてきました。(たまに失敗してます)
ブラック企業も経験済み。
激務でウツになったときのハロワ職員の対応の悪さは忘れない…!
ウツを克服して副業をガンガンこなし、それを元手に仮想通貨トレードをしています。

-治験
-

Copyright© お金がないときに.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.