治験

治験をすると謝礼がもらえるってホント!?それは謝礼じゃなくて…

更新日:

お金のポーズをしている男性

治験をすると謝礼がもらえる!という話を聞いたことがあるのではないでしょうか?

果たして本当のところはどうなのか、割りと気になりますよね。

実は、治験でもらうのは謝礼という名目ではありません。

もちろんもらえるものはもらえるのですが、それが果たしてどれくらいの額なのか、銀行振込なのか、すぐにもらえるのかも知りたいと思ってる方はきっと多いはず。

実際のところ治験をすると謝礼はもらえるのか、そしてそれはだいたいどれくらいなのかをわかりやすく書いていきたいと思います!

スポンサーリンク

治験をするともらえる謝礼って?

治験でもらえるのは謝礼でも協力費とも違います

厳密には、負担軽減費という名目で、お金をもらうことになります。

そもそも治験はバイトではなく、あくまでボランティアです。

謝礼というと、報酬をもらうというイメージが強いので、ボランティアでもらうものとしてはあまりよくありません。

ですので、負担軽減費という名称が一般的です。

負担ってなんのだよ、という疑問もでてくると思いますが、治験の最中は、採血がたくさんある場合が多いですし、治験中はおとなしく入院してなければいけないので、負担はわりとかかっているのです。

実は治験の前の検査だけでも少しお金はもらえることが多い

治験に応募すると、まずは検査を受けに行くことになります。

いわゆるスクリーニングというものですね。

ここで、体調が悪かったりすると、治験を受けることはできないのですが、交通費としてだいたい3000円ほどもらえることが多いです。

検査に行くだけでも実はお金はもらえますが、治験をしたくて応募しているので、せっかくですから合格して治験に進みたいですよね…。

スポンサーリンク

負担軽減費ってどれくらいが目安なの?

これは本当にあくまでも目安なのですが、1日あたり1万~2万円、高いと3万円程度が多いと思います。

入院するしないにかかわらず、通院するタイプ(美容品等)でも、通院のたびに1万円がもらえるものもあります。

長期の入院だと、1回で50万円なんていうものも…。

採血が多い時は、血を抜かれるときの痛みに慣れるまでがシンドいですが、寝てごろごろしているだけで50万円がもらえると考えると結構魅力的ではありますよね。

もちろん、入院中の食事はすべて無料です。

とはいっても、自分では選ぶことができず、残すことも厳禁なので注意してください。

治験の謝礼まとめ

というわけで、謝礼ではなく、負担軽減費というのが正式名称です。

入院する治験の場合、ゴハンも無料で食べれつつ、負担軽減費として数万円から数十万円ももらえるのですから、結構いいですよね。

とはいえ、治験はあくまでも自己責任です。

自分で納得した上で参加するようにしてください。

もし不安なことがある場合は、いっかい無料の治験サイトに登録してみて、治験コーディネーターの方に質問してみるというのもいいと思いますよ!

ビットコイン

流行りのビットコイン(仮想通貨)でさらに稼ぐ

副業やバイトで稼いだお金を元に、今流行りのビットコインを買ってみるのも1つの手です。

「興味あるけど、買い方とかよくわからない…」というあなたでもご心配なく!

ぼくがスマホのアプリで簡単に買える方法を解説しました。

ぜひこちらの記事を参考にしてみてください!

参考:ビットコインを超カンタンに買えるアプリを使ってみた

スマホで買える仮想通貨

仮想通貨取引所の一覧

  • この記事を書いた人

かるぴす

大学に行かないまま、工場の派遣へ。 その後5回の転職を繰り返し、起業。 転職のたびに給与や待遇をアップさせてきました。(たまに失敗してます) ブラック企業も経験済み。 激務でウツになったときのハロワ職員の対応の悪さは忘れない…! ウツを克服して副業をガンガンこなし、それを元手に仮想通貨トレードをしています。

-治験
-

Copyright© お金がないときに.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.