仮想通貨

仮想通貨はなにを買えばいい?ポジトークに気をつけろ!

更新日:

4ヶ月くらい仮想通貨を買って、そろそろ2倍になりそうです。

「4ヶ月で2倍!?それってすごくない!?」って思うじゃないですか。

でも、

ビットコインを4ヶ月前、つまり6月に買ってそのまま持ってるだけで、2.6倍になってたんですよ…。

ぼくはその間、ほかの仮想通貨を買ったり売ったりしたせいで、2倍くらいにしかなりませんでした。

仮想通貨は、通貨の種類によって価値が何倍にも上がったり、ダダ下がりしたりします。

いかにどの種類の通貨を買うのかが重要かということですね。

一攫千金を狙って誰も知らないような草コイン(弱小コイン)を買ったせいで、50万円くらいは損してます…。

今回は、いろんな通貨を買ってわかった、

この通貨は鉄板なのでは!?

というのを集めてみました。

結論から書くと、

現時点ではビットコイン(BTC)が最強です。

ダテに仮想通貨の基軸通貨なだけあります。

そして、ほかにはビットコインキャッシュ(BCH)、リップル(XRP)、イーサリアム(ETH)が有力です。

今回は、専門的なことはほかに詳しいブログがたくさんありますので、わかりやすい点に絞って解説していきたいと思います。

ちなみにここで紹介する仮想通貨は、

Zaif(ザイフ)と、

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コインチェックで買うことができます。

ぼくはもちろんどちらも登録してますよ~。(取引所は7箇所くらい登録してますw)

仮想通貨はなにを買えばいい?失敗しない買い方

基本はBTC、BCH、XRP、ETHの4つ

超王道のビットコイン(BTC)は順調に価格が上がり続けている

論より証拠ということで、まずはチャートを見てみましょう。

こちらがビットコインのチャートになります。

ガンガン上がり続けてますね。

たまにガクリと落ちてますが、すぐに回復して高値をどんどん更新していっています。

なぜビットコインをオススメするのかと言うと、

  • 他の仮想通貨を買う時に、ビットコインじゃないと買えないものがある(仮想通貨の中の基軸通貨になっている)
  • ビットコインはすでにリアルマネーとして使える(ビックカメラで支払いができたりする)
  • 仮想通貨=ビットコインというイメージの人が多く参入してくる(ほかの仮想通貨を知らない)
  • 先物取引という証券会社で人気の取引が始まる

技術的なメリットをすっ飛ばすとこんな感じです。

ちなみに、どの仮想通貨も「完成しているわけではありません」日々、より良い通貨になるためにどんどん開発されているのです。

ビットコインはだいたいほぼ毎月「ビットコインはバブルだ!」とエラい経済学者に言われています。

…が、今のところ、バブルって言われてるわりには価格が上昇しています。

毎月言ってればそりゃいつかは当たるだろ…みたいな感じもするので、最近は特になにも気にしてません。

ビットコインは、Zaifという取引所で買うのがオススメです。

王道を奪えるか!?ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインから派生(ハードフォーク)して生まれたのがビットコインキャッシュです。

2017年の8/1にビットコインを持っていた人は、自動的に同じ枚数分だけのビットコインキャッシュという通貨をもらえました。

タダで貰えた通貨が今いくらになっているかと言うと…15万円くらいになっています。

ということは、ビットコインを10枚持ってたら、ビットコインキャッシュが150万円くらいもらえてるってことですね。

このビットコインキャッシュ、ビットコインと何が違うかというと、

送金手数料が安く、遅延が少ない

という特徴があります。(技術的な話は抜きにします)

なになに、すごくいいじゃん!って思いますよね。

でも、ビットコインには今まで培ってきた信頼があるので、例え性能的にビットコインキャッシュのほうが高くても王様の位置を交代、ってことにはなりません。

ただ、将来的には悪くないコインじゃないかなーと思っています。

チャートを見てみましょう。

こちらがビットコインキャッシュのチャートです。

3万円くらいで長らく推移していたのが、いきなり30万円くらいになって、すぐに急降下して15万円くらいになっていますね。

これはホントにクソだなぁと思ったのですが、要は「中の人(かその立ち位置に近いお金持ち)」が儲けるために、価格をガツンと上げて、売り抜けたわけです。

(もっと詳しく言うと、マイニングの難易度調整やらハードフォークが控えてたり、Twitterで煽りまくる人たちがいたりといろいろありました)

ちなみに僕も7万円台の時に買ってました。

それが30万円を突破したときにはめちゃくちゃ興奮しましたよ…。

その数時間後には15万円になってたんですけどね。

まぁそれでも2倍くらいにはなったので結果オーライでした(普通に考えたら2倍になっただけでもスゴいのですが)

こういった不安定な面もあるコインですが、まだ生まれて若く、今後に期待できるコインです。

もしかして、今のビットコインに変わって将来的にビットコインキャッシュがメインになってくるのかも…しれません。

ビットコインキャッシュもZaifという交換所で買えます。

昔から我が道を行くイーサリアム(ETH)

イーサリアムは、ビットコインやビットコインキャッシュの次くらいに時価総額が高いコインです。

技術的なことは省きますが、イーサリアムはコインとしての利用以外にも、契約や財産を扱うことができるスマートコントラクトという機能があります。

まぁ簡単に言っちゃうと、技術的にスゴくて普及してるので価値もある的な感じです。

イーサリアムはガツンと跳ね上がったあとは停滞した感じになっています。

とは言え、全体的な流れで見てると下がっては上がり、下がっては上がりしていますね。

しかもその幅が2万円から4万円へと1ヶ月くらいで上がり下がりしています。

つまりこの通貨も、持ってたら一ヶ月で2倍になる可能性がある通貨なのです。

しかもいまのところ大きな下落をせず、いい感じに底を上げてきています。

イーサリアムもZaifで購入できます。

企業を信用するタイプの通貨、リップル(XRP)

仮想通貨は基本的にトラストレスの精神です。

企業や国を信用してないから、そういうのに頼らない通貨を作るぜ!的な感じですね。

結局いまのところビットコインは中国マイナーの言いなりになってる感ありますけど…。

とりあえずビットコインの場合は、万が一今の銀行がなくなっても価値を失うことはありません。

逆にリップルのXRPは、銀行間での送金に使われたりする(予定。一部実施)なので、フィアット(法定通貨。円とかドルとか)との共存をベースに考えられています。

価格もある程度、リップル社がコントロールすることができる…はず。

なので、生粋のビットコイナー達からは嫌われています。

でも、結構安定していていい通貨なんですよね…。

こちらがリップルのチャートです。

イーサリアムとなんとなく似てますね。

例えば、もしビットコインが国の規制やらなんやらで潰されたとします。

それでも、おそらくXRPは生き残るはず。

ぼくは、とりあえず持っとくか的な感じで保有しています。

買ったのが20円くらいで、今は25円くらいを推移しているので、意外と悪くありません。

リップルはコインチェックで買うことができます。

鉄板とは言えないけど、期待大なモナコイン(MONA)

純国産で、ファンが多いモナコイン。

一時期、価格が20倍くらいになってかなり儲けさせてもらいました。

今はビットコインやらビットコインキャッシュやらがごたごたしてるので、MONAの価格もイマイチですが、未だに保有し続けています。

今後価値があがる可能性はあるけど、鉄板かっていうとわからない…でも応援したいコインです。

詳しくは、

200万稼いだモナコインとは。今後の高騰とその価値

という記事をご覧ください。

逆に買って失敗した通貨…それはネム!(XEM)

性能的には悪くないのに、なぜか価格が上がらない通貨…。

それがNEM(単位はXEM)です。

チャートを見てみると、上下しながらも下がっていってるんですよね…。

カタパルトという大型アップデートを控えているにもかかわらずこの下がりっぷり。

悲しい。

一時期、ぼくの保有資産の5割をネムにしてたんですが、あまりにも価格が上がらないので損切りしました。

ネムを買ってた分、ほかの通貨を買ってればもっと儲かってたかも…。

ただ性能的には調べれば調べるほどにいいんですよね。

でも価格は低い。

なんで上がらないのかといえば、すでに総発行枚数が全部発行されてしまっているから…かなぁ。

うーんでも、そういうわけでもないような…。

今後上がるとしたら、ガツンと上がる通貨かもしれません。

ちなみに日本人でファンの方も多い通貨です。

ネムもZaifで買うことができます。

匿名系通貨も順調に価値を上げていっている

3大匿名系通貨と言われている、Dash、Zcash、Moneroも順調に価格を上げてきています。

が、匿名系通貨は、「犯罪に使用されてしまう!」と言われて法規制が入る可能性があるところが心配です。

もし規制が入ってしまった場合、価格の暴落は避けられないでしょう。

ちなみにDashのチャートはこんな感じです。

最近めちゃくちゃ上がってますね。

このチャートの形だと、損している人はほとんどいないのかも…?

Dashはコインチェックで買えます。

Zcashはこんな感じ。

これも一旦大きく下げてますが、その後じわりじわりと底を上げてきています。

これも将来有望な感じがしますね。

ZcashもDashと同じコインチェックで買えますよ!

イーサリアムと同じ感じで良さそうなリスク(LSK)

イーサリアムと同じスマートコントラクト系で根強い人気のリスク。

チャートの形もかなり良さげです。

ここからガンガン上がるかというと、なかなか難しいところです。

が、日本の取引所だとコインチェックしか取扱いがありません。

今後Zaifやビットフライヤー、ビットバンクなどで扱われるとしたら、価格の上昇は高確率でありえるハズ。

ソレ狙いで買うのもいいかもしれません。

Twitterはポジトークの宝庫

ビットコインキャッシュのときに特に思ったのですが、調子のいいことを言ってるツイートは基本的に信用しちゃいけません。

「ビットコインキャッシュがビットコインの座をぜったいに奪う!」

「テクニカル的に上がらないわけがない」

「ビットコインキャッシュの価格が50万円行くかも」

といった感じで言ってる人が結構多いんですよ。

もちろんビットコインキャッシュに惚れ込んで言ってる人もいるんだと思いますが、自分が高値で売り抜けたいためのポジトーク(ポジショントーク)な場合もあります。

ビットコインキャッシュだけでなく、どの通貨でもポジトークは必ずあるので注意してください。

まとめ:迷ったらビットコインが一番おすすめ

鉄板といえば、今のところビットコインが一番オススメです。

ぼくもずっとビットコインを持ってたらよかった…と思いましたが、でも儲けは減ったぶんいろんなコインを買うことで勉強にもなりました。

勉強するという意味でほかのコインを買うのも良いと思います。

まずは取引所に登録して、実際に仮想通貨を買ってみましょう。

すべてはそこからです!

コインチェックと

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ザイフに登録して、仮想通貨ライフを始めましょう!

  • この記事を書いた人

かるぴす

大学に行かないまま、工場の派遣へ。
その後5回の転職を繰り返し、起業。
転職のたびに給与や待遇をアップさせてきました。(たまに失敗してます)
ブラック企業も経験済み。
激務でウツになったときのハロワ職員の対応の悪さは忘れない…!
ウツを克服して副業をガンガンこなし、それを元手に仮想通貨トレードをしています。

-仮想通貨

Copyright© お金がないときに.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.