仮想通貨

Verge(xvg)とは?広告の使い方が一流なので、跳ねる可能性アリ

投稿日:

よくわからん仮想通貨がどんどん出てくる中で、有象無象の通貨から飛び出し、存在感を高めてイナゴをもりもり集め、価格を上昇させるにはなにが大切でしょうか。

ぼくが考えるに「広告」こそがもっとも大切です。

もちろん技術やコミュニティも大切なんですけど、結局のところ「どれだけ多くの人に知ってもらって興味をもたせるか」が重要なわけです。

オールドなテレビ業界だって、広告代理店がかなりの力を持ってますよね。

電通とかめちゃくちゃお高い金額で広告を請け負って、がんがん儲けているわけです。

今回紹介する「Verge(ヴァージ)」は日本の広告戦略がめちゃくちゃうまくて、ぼくがいいなと思ったポイントは3つあります。

1つ目は「仮想通貨ギークに届く広告になってる」

2つ目は「話題になりやすい広告になってる」

3つ目は「広告費用が低コスト(たぶん)」

です。

「広告とかよくわかんないから、電通に任せればいいや…」なんて運営が思ってたら、100年かかってもこんな費用対効果が超高い広告は打てません。

それだけにVergeは素晴らしい広告手腕を持っていると言える…かもしれません、たぶん。

そんなVergeの強みや気になる点をまとめてみたので、よかったら読んでてってください。

Vergeとは?

正直なところVergeについての詳しい説明は、こちらの公式ブログを読んだほうがわかりやすいです。

あまりのセンスに、「なんかよくわからんけど買っとこうかな」ってなると思います。

いや、よくわからんくはないんですけどね。

一言で言うと、

通貨を使うときに、匿名か非匿名、どっちも簡単に選べるよ!

っていうのがポイントの通貨になります。

これをどう使うかというと、

  • 快楽天(オトナの雑誌)を買うときは、趣味趣向がバレるのがイヤなので匿名モードにして買う。
  • 地下アイドルのCDをたくさん買うときは、アイドルに認知してもらうのをワンチャン狙うために非匿名モードにして買う。

みたいな感じですね。

あとはまぁプレマイン(開発者が儲かるヤツ)やICO(関係者が儲かるヤツ)みたいなのをやってない潔白な通貨というのも魅力みたいです。

Vergeのいいところ

日本の広告戦略が唯一無二

Vergeのいいところは、先ほども紹介した公式ブログのセンスです。

書いてる方は、リップルチャン(名前がすぐ変わる)(@ripple_chan)という方です。

ちなみにこの記事のトップ写真は、リップルちゃんさんがこうだったらいいな…という勝手なイメージ写真です。

公式にあるまじき攻めの姿勢を崩さないブログを展開することで、かなりの広告効果がでてる…はずです。

仮想通貨でそこそこ儲かってる勢は、「まぁなんか面白そうだしちょこっと買っておくかな」ってなる…気もします。

実際ぼくも買っちゃいました。

本当は、カップヌードル土器を買おうと思ってたんですけど、ぜんぜんカートに入らず、仕方ないので諦めついでにVergeを買いました。

めちゃくちゃ欲しかった…。土器…。

カップヌードル土器を買おうとしてたら、いつの間にかVergeを買っていた。

それくらいすごい広告効果があります。

カップヌードル土器と較べて、Vergeは買いやすいのが特徴です。

カップヌードル土器 Verge
単位 XVG
総発行数 15 165億
1つあたりの価格 59800円 1円未満
買える場所 カップヌードルオンラインストア bittrex.com

誰も得しない表ですね。

唯一の共通点は「広告の打ち方がウマい」くらいかな…。

さりげなく時価総額が高め

11/6日現在、Vergeの時価総額は50位です。

草コインのわりに意外と高め。

モナコインが43位なので、Vergeも注目されてないわけではなさそう。

ちなみにぼくが塩漬けしてるBytebllは54位なんですけど、これはもう上がってこない気がしてます。

公認キャラクター「バージリスク」がいる

爬虫類のバージリスク君がいます。

萌え系にいかなかった珍しいパターン。

でも人気が出てきたら擬人化するはず。

擬人化希望。

Vergeの気になるところ

匿名通貨ならDASHとかMonero、ジーキャッシュがある

正直、匿名通貨の大御所が強いので、それらに勝てる感じがしません(いまのところ)

しかも今後、匿名が支持されるようになればほかの通貨も匿名性を強めるためのアップデートをする可能性があります。

匿名通貨自体、規制される可能性がある

匿名通貨は、マネーロンダリングなどの悪いことに使用される可能性があります。

匿名通貨=悪いことに使われそう、というイメージは、テレビばかり見ている層(バカにはしてない)にもわかりやすいので、政治的なアレコレで規制の対象になるかも。

アメリカとかで規制された場合、暴落は間違いなしだと思います。

発行通貨がめちゃくちゃ多い

Vergeの総発行枚数は165億xvgです。

ちなみにモナコインは1億512万mona、ビットゼニーは2億5000万znyです。

ビットゼニーってなに?と思った方はこちらをどうぞ

ビットコインは2100万btcで、ネムは9億xemです。

一般的に、発行枚数が少ないほど単価が高い傾向になるため、165億もあるxvgは果たしてこれから価格があがるのか…な?

ちなみにリップルは1000億xrpとものすごく多いですが、市場にでてる枚数をリップル社が管理しているため、あまり比較対象にはならないと思います。

Vergeはこれから価格があがるのか

正直なところ、moon(超バク上げ)する可能性は低いような…。

でも、なんか楽しい通貨です。

そう思わせる感じがホントにスゴい。

ただし、現在このセンスでウケているのが、仮想通貨ギーク系男子(おっさん含む)だけっぽい気がするので多少気がかりではあります。

一般ウケするのかしないのかは、メディア系の取り上げ方によるかも。

とりあえず、価格が下がっても「まぁVergeだしな…」って感じで諦めがつきます

xvgの価格も今のところ1円以下ですし、ネタ的に買うのはアリだと思います。

もちろんやってることはちゃんとしてそうなので、惚れ込んで買うのもアリです。

  • この記事を書いた人

かるぴす

大学に行かないまま、工場の派遣へ。
その後5回の転職を繰り返し、起業。
転職のたびに給与や待遇をアップさせてきました。(たまに失敗してます)
ブラック企業も経験済み。
激務でウツになったときのハロワ職員の対応の悪さは忘れない…!
ウツを克服して副業をガンガンこなし、それを元手に仮想通貨トレードをしています。

-仮想通貨

Copyright© お金がないときに.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.