失業

失業した時に感じる疎外感…落ち込む場合の対処法!

更新日:

疎外感のイメージ

仕事をバリバリしていたのに失業してしまった場合、なんとなく世の中から仲間はずれにされたような疎外感を感じてしまいますよね。

疎外感を感じながら生きていると結構落ち込んでしまいます…。

失業+疎外感+お金がない=劇的に落ち込む、ということにならないためにも、対策法を考えてみました。

僕自身、失業して一時期は結構疎外感があったのですが、対策をしてみたら効果バツグンでしたので、ぜひ疎外感で落ち込んでいる方は試してみてください。

スポンサーリンク

失業したことの疎外感で落ち込んでいる時の対処法

仕事以外での趣味(人と触れ合う系)を見つける

人と触れ合う機会は非常に大事です。

大事なのですが、あまり職業のことまで突っ込まれて聞かれるような環境だと、余計に疎外感を感じてしまいますよね。

そうならないためにも、適度に距離感がある趣味を見つけましょう。

例えば…フィットネスジムで鍛える、サッカーなどのサークルに入る(飲み会は非参加)、ボルダリング(壁に登るスポーツ)に行く、などがオススメです。

普段読まないような経済学などの本を読んで勉強する

なにもしていないからこそ疎外感を感じるのです。

ですので、自分は勉強をしているんだ、というモードに入りさえすれば疎外感はあまり感じません。

特に、ファミレスなどでじっくり経済学の本などを読むと、割りとしっかり行きている感じがするのでオススメです。

異性の友達(若い人)と軽く飲む

同世代とお酒を飲むと、だいたい仕事の話しになってしまうので、若い人と飲むようにしましょう。

相手の恋話をぼーっと聞いているだけでも、疎外感はなくなっていきますよ!

もしかすると、いい雰囲気になってなにかイイことがあるかも…!?

とりあえず闇雲に走ってみる

どうしようもなく疎外感を感じて落ち込むときは、とりあえず走ってみましょう。

息が切れても、しばらくがんばって走っていると、不思議と爽快感で体が満たされます。

体を動かすと、思考もポジティブよりになっていきますので、ジョギングの力を侮ってはいけません。

映画をたくさんレンタルする

映画の世界に逃避するのも悪くありません。

映画の選び方は、なるべくハッピーエンドになるものにしましょう。

バッドエンドのものを選んでしまうと、さらに落ち込んでしまうことになります笑

スポンサーリンク

日帰りの旅行をしてみる

普段行きそうで行かなさそうなところに行ってみるのもオススメです。

山に登ってみたり、神社仏閣を巡ってみたり…。

普段見慣れない景色を見ることで、自然と落ち込んでいた気分も晴れてきます。

失業で疎外感を感じて落ち込んでいるときのまとめ

落ち込んでいる時にやってはいけないことは、「家に引きこもってなにもしないこと」です。

なにもしたくない気分になることもありますが、なにかをやっていたほうが落ち込みません。

人と適度に関わりつつ、充実させた生活にしていきましょう!

  • この記事を書いた人

かるぴす

大学に行かないまま、工場の派遣へ。
その後5回の転職を繰り返し、起業。
転職のたびに給与や待遇をアップさせてきました。(たまに失敗してます)
ブラック企業も経験済み。
激務でウツになったときのハロワ職員の対応の悪さは忘れない…!
ウツを克服して副業をガンガンこなし、それを元手に仮想通貨トレードをしています。

-失業
-

Copyright© お金がないときに.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.