治験

治験の相場ってどれくらい?金額がかわるポイントとは

更新日:

お金イメージ

治験に興味があるけど、実際にどれくらいの金額をもらえるんだろう…と気になってはいませんか?

ネットでは一週間で30万もらったなんて書かれていたけど、ホントにそんなうまそうな話があるものなのだろうか、なんて思っちゃいますよね。

今回は治験のリアルな相場と、金額がかわるポイントを書いていきたいと思います。

ここで書くポイントに気をつければ、よりいい金額の治験に出会えるかも…!!

スポンサーリンク

治験の相場ってどれくらい?

リアルな治験の相場は1万円から3万円ほど

治験の相場はだいたい1日1万円から3万円ほどになります。

つまり、3泊するような入院の場合は4日間、治験をすることになりますので、4万円から12万円もらえるということになりますね。

ちなみに、治験の場合、給料をもらうということではなく、負担軽減費という名目でもらいます。

治験はアルバイトではなく、ボランティアなので、こういった名目でお金をもらうことになるわけです。

相場がかわるポイントってどんなのがあるの?

ポイント1:医療施設によって同じような治験でも金額が違うことがある

治験を実施する医療施設は様々です。

割りと良心的な金額のところもあれば、これでこの金額はあまり割りにあわないかも…というところもあります。

気になる方は、治験情報サイトに登録したときに、治験コーディネーターの人に聞いてみましょう。

ポイント2:予想される副作用の大きさによる

基本的に、治験をする薬は、何重にも安全性が確認されています。

しかし、副作用がまったくないというわけではありません。

もちろん副作用がないものもありますが、副作用がすべての薬で絶対に出ないという確証はありません。

例えば、頭痛などの副作用が一時的にでることが予想される場合は、負担軽減費もその分高く設定されていると思われます。

その部分は説明されませんので、あくまでも想像ですが。

ポイント3:入院期間が長い

単純に入院する期間が長いという場合は、その分負担軽減費を多くもらえます。

入院している間は、ゴハンもタダで食べれるので、お得といえばお得です。

スポンサーリンク

ポイント4:採血がやたらと多い

薬によっては、1日に何回も採血をする場合があります。

採血って数回くらいならそんなに痛くないんですが、何回も同じ箇所に針を刺されると結構痛くなってきます。

その分負担軽減費が多めに設定されていることもあると思います。(全部が全部そうというわけではありません)

治験によっては相場的におすすめなものもあります

良心的な医療施設の場合は、それほど大変でない治験でも割りと多くのお金がもらえたりもします。

とはいえ、初めてだったらどうやってそういう治験を選べばいいのかわかりませんよね。

まずは、治験情報サイトに登録して、治験コーディネーターの方に相談してみましょう。

登録するのも治験をするのも、すべて無料でお金はかからないので、安心して大丈夫です!

※もちろん、登録したけど不安だからやっぱりやらない、という場合もまったくお金はかかりませんので大丈夫!自分が納得できるものだけやりましょう。

治験情報サイトのおすすめ詳細はこちら

  • この記事を書いた人

かるぴす

大学に行かないまま、工場の派遣へ。
その後5回の転職を繰り返し、起業。
転職のたびに給与や待遇をアップさせてきました。(たまに失敗してます)
ブラック企業も経験済み。
激務でウツになったときのハロワ職員の対応の悪さは忘れない…!
ウツを克服して副業をガンガンこなし、それを元手に仮想通貨トレードをしています。

-治験
-

Copyright© お金がないときに.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.