アルバイト 副業

副業ライターで収入が月30万円を超えたぼくのやり方

副業長者ノリスケ

副業長者ノリスケ

工場の派遣から転職を5回繰り返して年収800万円到達。 ブラック企業もウツも経験済み。 なんとなくではじめた副業が本業よりも稼ぐようになったので起業しました。

更新日:

副業でライターをしてるけど、アフィリエイトをしようか悩む女性

副業としてライターをしている方は、平均して月に10万円前後くらい稼いでいるようです。

副業として、文章を書くだけで月に10万円を貰えるんなら結構ラクでいいかも…と思っている方!

それ、搾取されてるだけですよ!

正直なところ、クライアントのために安い単価で文章を書くくらいなら、自分でアフィリエイトサイトを作ったほうが結果として稼げます。

なぜわかるかといえば、ぼくがそうだから。

これとは別なサイトで、月に70~100万円を稼いでいるサイトを作りました。(過去形なのはもうサイトを売ってしまったため)

でも金額が大きすぎて、業界を知らない人は誰も信じてくれないんですよね…w

アフィ業界だったら「そんなん別にめずらしくないでしょ」ってレベルなのですが、一般的には信じがたいようです。

ぼくの場合、主にアドセンスという広告を押してもらうとお金が入るシステムをメインとしています。

自分でサイトを作れば、そのサイトで書いた情報が誰か困っている人の役にも立ちますし、お金もライターとしてやるよりもしっかり入ってきます。

ライター業務をしてる方なら、やって損はありません。

ただ1つの問題と言えば、自分でサイトを作るやり方がわからない、ということじゃないかなと思います。

今回は、自分でサイトを作る簡単なやり方と、ライターは稼げる!という事例を書いてみました。

ぜひ参考にしてみてください。

副業ライターで収入が月30万円を超える方法

ライターはすでに「人に伝える技術」を持っている

副業としてライターをされているのであれば、すでに「人に伝える」というスキルをあなたは持っています。

それならば、自分でその伝える場所(=自分のサイト)を作って、まるっとすべて自己管理することで多大な利益を生み出すことができます。

いつまでも誰かの依頼で文章を書いていては、月10万円の壁を超えるのは至難のわざです。

※作業量を多くすれば超えますけど、それはシンドイですよね…。

自分の得意なことでアフィリエイトサイトを作ろう

どこぞの知らん人の依頼でライター(ライティング)をやるくらいなら、いっその事自分の得意なことだけを書いてお金をもらったほうが良くありませんか?

アフィリエイトで成功すれば、副業素人ライターとしてやるよりも数十倍も儲かります。

アフィリエイトの仕組みは、

  1. 自分でサイト(もしくはブログ)を作る。
  2. asp(アフィリ案件をたくさん紹介してくれるとこ)に登録する。
  3. 商品を紹介する。
  4. 商品を誰かが買ってくれる。
  5. 報酬があなたに入る。

という流れになります。

順を追って見ていきましょう。

自分でサイト(もしくはブログ)を作る

自分でサイトを作るとか難しそう…と思ったかもしれませんが、めちゃくちゃ簡単です。

ぼくも使用しているa8というアフィリ案件をたくさん扱っているサイトに登録すれば、ブログを無料で作ることが出来ます。

しかもなんと、パソコンを使わないでスマホだけでもできちゃう簡単さ!

登録はこちらから無料でできます。

A8.netの申し込みページはこちら

ポイントは、「自分の得意な分野を誰かの役に立てること」です。

例えば経理を仕事にしてる人の場合、新人に教えるような要領で、経理のつまづきやすいポイントなどを記事にすれば、きっと誰かの役に立ちます。

パチンコが得意な人は、パチンコの攻略記事を書く、なんていうのもアリですね。

そういった記事を数百記事と書いていくことで、あなたのサイトに訪れる人も月間数百人規模だったのが、数十万人規模になっていきます。

そうなったらあとは困ってる人にオススメしたい商品を売るだけ!

asp(アフィリ案件をたくさん紹介してくれるとこ)に登録する

さっきの項目でも紹介しましたが、a8というサイトがアフィリエイトで最大手のサイトになります。

a8の親会社であるファンコミュニケーションズは、東証一部にも上場しているかなり信頼性のある会社なので、騙しや詐欺はありません笑

ここで、あなたのサイトに合った案件を探してみましょう。

例えば、経理の悩みを解決するサイトだったら、来てくれてるユーザーは現状の職場にも不満を持っていて、転職を考えているかもしれません。

そしたら、転職サイトのアフィリエイトを貼っておけば、それに登録してくれるかも…。

ちなみに転職サイトのアフィリエイトは、サイト登録で1件4000円というような高額なものもあります。

ユーザーがあなたのサイトを見て、転職サイトに登録しただけで4000円入ってくると思ったらすごくないですか!?

しかもココで重要なことは「誰も損をしていない、むしろみんな満足している」ということです。

あなたのサイトに訪れたユーザーは、悩みが解決して喜びます。

転職サイトは、お客さんが増えて喜びます。

あなたは、ユーザーの悩みを解決する手助けができた上にお金が入って喜びます。

まさに三方良し!

みんなハッピー!w

大切なことは「騙そうとしないこと」です。

騙して高額な商品を売るサイトもありますが、それだと長く続かないような気がします。

効果がない水素水を売ったりとか、若返りに関係ない成分しか入ってない化粧水を若返る!って言いながら売ったりとか…。

やってる人もしんどいと思うので、やらないほうがいいと思います。

商品を紹介する

自分の売りたい商品が見つかったら、あとは記事の中にその商品を入れていけばOKです。

紹介する商品やサービスを実際に自分で使うことで、さらにその信憑性は増して、ユーザーの心に響く記事になっていきます。

商品を誰かが買ってくれる

商品を買ってくれたり、サービスに登録してもらうことができたら、報酬があなたに入ってきます。

報酬額は、リアルタイムに近い感じで、a8のサイトを見れば確認することができます。

ちなみに僕の今日、現時点での報酬は…5500円ほどですね。

報酬があなたに入る

毎月、15日になればaspから報酬が振り込まれます。

自分でサイトを持てば毎月報酬があるので、ライターとして文章を納品するのよりもかなり儲かるのがわかってもらえるでしょうか。

もちろん、自分でサイトを作るということは、それが儲かるかどうかはあなた次第なのでまったく儲からないかもしれません。

でも、きっとそれはあなたの経験になるはず。

失敗した経験も重ねていけばいつかは成功する…はず!笑

まずは行動あるのみ!ですよ!


副業ライターとして続けるデメリット

ライターとして自分でサイトを持つメリットはたくさんあります。

逆に、副業ライターとして依頼を受けるデメリットはなんでしょうか?

すぐに思いつくところを書いてみます。

やすかろう悪かろうな記事を量産しなければいけない

自分が知らないジャンルの記事を依頼されることもあり、その場合は知らないにも関わらずわかったふりをして書かなければいけません。

わからないのにたいして調べもせずに書いた文章なんていいわけがありませんよね。

それが医療系キュレーションサイトの信頼性低下にもつながりました。

…まぁ、テレビや雑誌でやってる健康特集も信頼性ゼロなんですが、それに誰もツッコまないのはオトナの事情ってヤツなんだと思います…笑

パクリがバレたときにあなたの責任にされるかもしれない危険性

例えば記事を作る時に、写真を途中で入れたとします。

その写真がネットで適当に拾ってきたものの場合、著作権侵害で訴えられることもあります。

ネットのものはタダではなく、誰かが苦労して撮った写真だったり、がんばって描いたイラストだったりします。

それを無断で使用したとなれば、責任を問われたときに非常に困ったことになりますよね。

しかもそれをキュレーションサイトがケツ持ちしてくれるかと言うと、微妙と言わざるをえません。

まとめ:ライターとして副業をするなら、サイトを持つべし!

ライターとしてスキルを高めるのであれば、クラウドソーシングなどでライティング業務を請け負うのはアリだと思います。

というか、最初はみんなそんな感じですよね。

そこから次のレベルに行くには、やっぱり自分の土俵で戦うことがとても大事だと思います。

自分の好きなことを書いて、お金をもらう…めっちゃ良くないですか?

ぜひあなただけの、あなたにしかできないオリジナルなサイトを作ってみてください!

ネイティブ広告

ネイティブ広告

サラリーマンでも楽しくできる副業ランキング

  • この記事を書いた人
副業長者ノリスケ

副業長者ノリスケ

工場の派遣から転職を5回繰り返して年収800万円到達。 ブラック企業もウツも経験済み。 なんとなくではじめた副業が本業よりも稼ぐようになったので起業しました。

-アルバイト, 副業

Copyright© お金がないときに.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.