アルバイト

映画館でアルバイトをするのはおすすめ!?リアルなホンネと面接対策!

投稿日:

映画館でのアルバイト体験談を何人かに聞いてみたところ、「忙しいときはあるけど、だいたいの時間はヒマで楽」という答えが多かったです。

いいアルバイトですよね…!

その分、時給はわりと安めですが、ラクさで言ったらかなりラクな部類のアルバイトと言えます。

恋愛も、アルバイト同士でしてる人が多く、恋人を探している人にもいいかも。

しかも映画館によっては、福利厚生の一貫として、映画がタダで鑑賞できるところも!

そんな映画館アルバイトの体験談を独自リサーチしてみました。

映画館でアルバイトをしている方のデータ

年齢層
若い年配
男女比
男性女性
忙しさ
時間によって常に忙しい
人数
少数精鋭多人数
月給
700円から1000円が目安
面接難易度
入りやすい難しい

※あくまで参考です。バイトによってデータは違いますのでその点はご了承ください。

スポンサーリンク

映画館でのアルバイト体験談その1

バイトをされていたときの年齢、性別、職業(学生など)を教えてください。

18〜22歳の間にしていました。

女性、大学生です。

仕事の内容はどんな感じですか?

チケット・グッズの販売、売店のメニュー作り(ポップコーンやホットドッグなど)・販売、劇場へのご案内、清掃などです。

その日のメンバーで、忙しさに合わせてそれぞれがオールラウンドに働いていました。

何歳くらいのバイトさんが多かったですか?

18〜22歳の大学生・専門学校のバイトが多かったです。

男性と女性はどちらが多かったですか?

男女比はほぼ半々でした。

面接はどうでしたか?

面接では、見た目の印象、受け答えがきちんとできているかどうかを見ていたと思います。

見た目は清潔感があるかどうか、頭髪が派手すぎる色をしていないか、きびきびと動けるかなどを見ていたように思います。

面接で聞かれたことは、どこの大学に通っているか、どうして映画館で働こうと思ったのかなどを、気さくな感じでフレンドリーに聞かれました。

ポイントは、私服でも構わないけれど清潔感のある服装で臨むこと、明るすぎる髪色にしないこと、髪を整えていくこと、緊張しすぎずに相手の話をきちんと聞き正しい受け答えをするよう心掛けること、なるべく笑顔でいること、わからないことはわからないと素直に答えることです。

特別に難しいことは必要ないと思います。

面接のときの服装はどんな感じでしたか?

普段の私服でした。

時給はいくらでしたか?また昇給はありましたか?

時給は700円でした。途中20円昇級しました。

仕事の時間帯は何時から何時まででしたか?

学生でしたので、17〜21時でした。

休日は8〜17時の時もありました。

バイトさんは何人でしたか?

全員で15人前後でした。

仕事にはどれくらいで慣れましたか?

2ヶ月ほどで仕事には慣れました。

アルバイトが初めてでなければ、もっと早く慣れられると思います。

研修期間はありましたか?

2ヶ月の研修期間がありました。

内容は、劇場へのご案内・清掃や売店メニュー作りなど、金銭に触れないところから始まりました。

そのバイトならではの苦労はありましたか?

かなり混み合うので、焦ってしまうところはあります。

変なお客さんはいましたか?

私は恋愛はしていません。

アルバイト同士で付き合っている人はいました。

どんな人が向いてそうですか?

私は映画館で働いてとてもよかったです。

働いていた間に多くの作品に触れることができ、働くまではさほど映画に興味はなかったですが、辞めてからも映画に触れるようになりました。

また、混んだ中でもいつもの仕事をする度胸がついたように思います。

なにより、アルバイトで支えあって仕事をしていたので、働く楽しさや仲間ができた喜びがあったのがよかったです。

映画館でのアルバイト体験談その1

バイトをされていたときの年齢、性別、職業(学生など)を教えてください。

22歳で、女性、大学生です。

仕事の内容はどんな感じですか?

アルバイトの仕事は主に3つあり、チケット売り場、売店、案内係でした。

映画フィルムがデジタル化される前は映写スタッフの仕事もありました。

最初は売店スタッフに配属され、ポップコーンやフライドポテトなどの簡単な調理と販売をしました。

勤務して2年後くらいにチケット売り場も担当するようになり、映画チケットの発券と会員カードの勧誘をしました。

何歳くらいのバイトさんが多かったですか?

昼間は20代から30代の主婦とフリーター、夜は大学生が多かったです。

男性と女性はどちらが多かったですか?

女性が多かったです。

面接はどうでしたか?

まずはシネコンということで会社の沿革や概要、提供するサービスや目指しているものなどの詳しく説明されました。

マニュアル本も内容ごとにかなりしっかり作成されていて、それらを参照しながらだったのでわかりやすかったです。

アルバイトの仕事内容については接客がメインとなるので、人とコミュニケーションを取ることが得意か、他の店での接客経験はあるかどうかなど質問されました。

エンターテイメント施設なので明るく声が大きいとより印象がいいと思います。

私は最初からフロア業務希望でしたが、接客が苦手な人は映写スタッフをすすめられていたようです。

現在は映写スタッフの枠がないのでやはり接客に向いている人材を必要としています。

面接のときの服装はどんな感じでしたか?

私服でした。白いブラウスと黒いスカートです。

どんなところでやるバイトですか?

売店とチケット売り場、案内係はスクリーン前のチケットもぎりとスクリーン内とフロア内の清掃。映写スタッフは映写室です。

時給はいくらでしたか?また昇給はありましたか?

時給750円で3年目くらいで780円に昇給しました。

仕事の時間帯は何時から何時まででしたか?

早番の時は7時半から15時半、中番は15時半から21時半、土曜のスーパーレイトショーがある時は19時から26時まで。

バイトさんは何人でしたか?

約30人くらいでした。

仕事にはどれくらいで慣れましたか?

結構すぐに慣れました。

研修期間はありましたか?

3か月は研修期間で、研修として特別に時間を取るのは一日4時間を3~4回でした。

セクションにもよりますが、売店なら調理器具の使い方や食品管理、レジの打ち方など。チケット売り場はレジの打ち方と割引サービスや会員入会方法など。

そのバイトならではの苦労はありましたか?

長期休暇やGWなどの繁忙期は何千人というお客様の対応をするのでとにかく仕事を回すのが大変で、シフトメンバーの当たり外れがありました。

マナーの悪いお客様同士でもめ事が起きて警察沙汰になってしまったことも。

変なお客さんはいましたか?

シニア割引があるので昼間は高齢者の常連客が多く、こだわりの強い方や長時間世間話をしたがる人がいました。

一人で来る男性の常連客は女性スタッフが目的の人もいて迷惑でした。

どんな人が向いてそうですか?

まずは映画好きであること。時給は安くても福利厚生で映画を無料で鑑賞できます。

逆に映画好きでなければ大して稼げるバイトではないので意味がないです。

あとは人と関わるのが好きな人だと思います。

恋愛はしましたか?また、恋愛していたバイト仲間はいましたか?

私自身は恋愛しませんでしたが、このバイト先で出会って交際に発展し結婚したカップルが私がいる間で少なくとも4組はいます。

働いてみて結果としてよかったですか?

とてもいい経験になりました。何より大好きな映画に関われたこと、新作の映画が無料で見放題であることが一番大きいです。

スタッフも主婦層から学生までいるのでいろんな人と仲良くなれてよかったです。

  • この記事を書いた人

かるぴす

大学に行かないまま、工場の派遣へ。
その後5回の転職を繰り返し、起業。
転職のたびに給与や待遇をアップさせてきました。(たまに失敗してます)
ブラック企業も経験済み。
激務でウツになったときのハロワ職員の対応の悪さは忘れない…!
ウツを克服して副業をガンガンこなし、それを元手に仮想通貨トレードをしています。

-アルバイト

Copyright© お金がないときに.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.