クレジットカード

【保存版】クレジットカードの暗証番号についてのお悩み解決

投稿日:

1.各カード会社の暗証番号を忘れた時のお問い合わせ方法とリンク

クレジットカードは、利用する時に暗証番号の入力が必要な場合があります。

例えば、ICチップ付きカードでショッピングをした場合、暗証番号の入力を求められます。

また、キャッシングで利用する場合も暗証番号が必要になります。

もし忘れてしまった場合は、例えばショッピングの場合はサインをすれば暗証番号を入力しなくても大丈夫です。

しかし、キャッシングはそういうわけにはいきません。

もしクレジットカードの暗証番号を忘れてしまったら、カード発行会社に暗証番号の問い合わせをしましょう。

JCBカードは、「JCB暗証番号サービス」で暗証番号通知の手続きをします。

楽天カードは、「カード暗証番号の照会」で手続きをします。

三井住友VISAカードは、「暗証番号の照会、変更」で手続きをします。

照会の手続きは電話かインターネットで受け付けされますが、どのカード会社も暗証番号の通知は口頭やパソコン等では行っていません。

郵送で自宅に送られてきますので、それが届くまで気長に待ちましょう。

スポンサーリンク

2.ハッキングやスキミングにあわないための方法

使った覚えがないのにクレジットカードの請求書が来たという犯罪が増えています。

これらを総称して、スキミングやハッキングといいます。

スキミングとは?

スキミングというのは、カードの情報を不正にコピーして、全く同じカードを作ってしまうものです。

カードそのものを盗むのではないので、本人は請求が来るまで気づきません。

これは、スキマーという機器を使ってカードの情報をコピーされてしまうために、本人に気づかれない仕組みになっているのです。

スキミング被害を防ぐには、上着のポケットにカードや財布を入れたまま上着を預けたりせず、お店でカード払いにする時は店員に目の前で処理してもらうようにします。

スポンサーリンク

ハッキングとは?

ハッキングについてですが、これはコンピュータ技術に精通した人がそれを悪用して他人や企業のコンピュータに侵入し、情報を盗むことを言います。

カード会社やショッピングサイトに侵入し、顧客の情報のカード番号などを不正に手に入れて本人になりすまします。

この被害を防ぐには、IDやパスワード、暗証番号は使い回したりせず、わかりにくい文字列にすることが効果的です。

また、定期的にパスワードは変更すると良いでしょう。

忘れてしまうからと言って、どのサイトも同じIDやパスワードにしていると、ハッキングされた時に大きな被害にあう恐れがあります。
自分は大丈夫、という考えでいるのはやめましょう。

3.覚えやすく安全な暗証番号の作り方

クレジットカードを作る時に決める暗証番号は4桁の数字です。

忘れてしまうとカードが使えないので、覚えやすい数字にする人が多いですが、これは非常に危険な行為と言えます。

良くあるのが、自分の生まれた西暦であるとか、誕生日、記念日などです。

このような番号はとても覚えやすいのですが、他人にも推測されやすいので注意が必要です。

他人に推測されにくくて覚えやすい番号を暗証番号に

例えば、実家の電話番号下4桁などは覚えやすくて忘れにくいです。

自分が生まれた時の体重や生まれた時間もおすすめです。

家族ですら覚えてないことが大半ですし、他人に推測されることはまずないでしょう。

他には、受験の時の受験番号や初めて就職した会社の番地というのは、自分にしかわかりませんし、これも推測されることはほぼないと言えます。

初めて付き合った人のことって意外と忘れませんよね?

それを利用して、初めて付き合った人の誕生日にするのもいいと思います。

とにかく重要なことは「自分にとって印象的な数字で、他人からはわからないもの」というのが大切なのです。

自分だけの、他人にわかりづらく、覚えやすい暗証番号を発見しましょう!

 

  • この記事を書いた人

かるぴす

大学に行かないまま、工場の派遣へ。
その後5回の転職を繰り返し、起業。
転職のたびに給与や待遇をアップさせてきました。(たまに失敗してます)
ブラック企業も経験済み。
激務でウツになったときのハロワ職員の対応の悪さは忘れない…!
ウツを克服して副業をガンガンこなし、それを元手に仮想通貨トレードをしています。

-クレジットカード

Copyright© お金がないときに.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.