治験

治験で偽薬って使われる?プラセボってなに?

更新日:

薬イメージ

治験とは、薬の有用性を確かめるためにしますが、普通に薬を投与しただけではわからないことがあります。

プラセボ効果というものも大きくかかわってくるこの問題について、わかりやすく、しっかり書いていきたいと思います。

結論から言ってしまうと、健康体で治験をする方にとっては、偽薬だったらラッキー、と言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

治験で使われる偽薬の意味とプラセボ効果について

薬を使わなくても病気が治ることがあるプラセボ効果

昔から「病は気から」ということわざがある通り、人の身体には普段はわからない自然治癒能力があります。

例えば、風邪を引いた人に、「このかぜ薬を飲んだら、すぐに身体が回復しますよ」と言って、薬っぽい見た目の、特になんの効能もない錠剤を飲んでもらったとします。

そうすると、風邪を引いた人は「とてもよくきく薬を飲んだのだから、治るに違いない」と思い込み、実際にそれが身体にいい影響を与えて、本当に風邪が治ってしまうことがあります。

これを「プラセボ効果」と言うのです。

しかし、このプラセボ効果は、人によって効いたり効かなかったりするので、医療として使うことはできません。

やはり、成分がちゃんと入った薬を使ったほうが、大勢の人に対して効果を発揮するのです。

治験では、プラセボ効果とくすりの効果を見分ける必要がある

治験で薬の効果を調べるには、もうすでにある類似薬(すでに世の中に出回っている薬)で似たような効果のものと比較するのが一般的です。

下痢に効く薬を新しく開発した!という場合は、すでにある下痢に効く薬と比較することで、新しい薬の効力がわかるというわけですね。

つまり、治験に参加した人が10人いたら、そのうちの何人かは、新しい薬で、残りの何人かはもうすでに出回っている薬を飲んでいるということになります。

しかし、これは本人にわかってしまうと結果に影響がでるため、最後まで自分の飲んだ薬がどちらかわかることはありません。

このように比較できる薬がもうすでにある場合はいいのですが、まったく新しいタイプの薬の治験だった場合、見た目はまったく同じだけどなんの効き目もない錠剤を作り、それと比較することになります。

これがいわゆる偽薬とよばれるものです。

この場合は、治験に参加した何人かは新薬を飲み、残りの何人は偽薬を飲むということになります。

偽薬を飲んだ人もプラセボ効果が発揮されて、効果がでることもありますが、新薬はそれを上回って初めて薬として認められることになります。

治験を受ける人にとっては、偽薬を飲んだ場合、なにもまったく副作用がでる成分が入っていませんので、非常にリスクは低いと言えます。

とはいえ、最後まで自分のが偽薬だったのか新薬だったのかはわかりません。

ちなみにこれは、製薬会社の人は、誰に偽薬を渡して誰に新薬をわたすか、というのはわかっていますが、お医者さんにも知らされない場合がほとんどのようです。

いわゆる二重盲検法と呼ばれるもので、医師や治験を受ける人に絶対にわからないようになっているのです。

  • この記事を書いた人

かるぴす

大学に行かないまま、工場の派遣へ。
その後5回の転職を繰り返し、起業。
転職のたびに給与や待遇をアップさせてきました。(たまに失敗してます)
ブラック企業も経験済み。
激務でウツになったときのハロワ職員の対応の悪さは忘れない…!
ウツを克服して副業をガンガンこなし、それを元手に仮想通貨トレードをしています。

-治験
-

Copyright© お金がないときに.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.