クレジットカード

クレジットカードの還元率を賢く見極めてお金のない生活にゆとりを!

更新日:

還元イメージ

クレジットカードを使うとポイントって意外と知らない間に溜まっていきますよね。

忘れた頃にふと思い出して使ってみると、意外と旅行一泊くらいはできちゃうときもあるので侮ってはいけません。

お金がないときに使えるお食事券なんかをもらえることもあるので、ここはぜひポイント還元率が高いカードを選びたいところです。

一般的に還元率が高いカードを選び、その使い道を比較してみましたので、参考にしてみてください!

スポンサーリンク

脅威の還元率2%リクルートカードプラス

年会費が2000円かかるとはいえ、国内では最強の還元率2%を誇ります。

ただ、カードの種類はJCBだけなので、海外のサービスを使うときは使用できないことが多いので注意してください。

リクルートプラスのポイントの使い道

大手旅行サイトのじゃらんと提携しているので、あこがれの高級ホテルにポイントで泊まることも!

さらにホットペッパーグルメとも提携しているので、お食事券に交換することもできます。

ポイントでゴハンが食べれちゃうなんて便利ですよね…。

女性の方は、ホットペーパーBEAUTYで仕事帰りにポイントをつかってエステサロンへ!なんていうこともできちゃいます。

還元率1.75%のREXCARD(レックスカード)

還元率は1.75%と高く、VISAカードなので、どこのお店でも使うことができます。

ポイントはそのままJデポにすることができるので、大変使いやすいのも魅力的です。

※Jデポとは、クレジットカードの請求から対象金額を割引できるシステムになります。例えば100ポイントあったら、100円割引されるという感じです。

年会費は初年度無料で、次からも年50万円以上利用していれば無料になります。

もし50万円未満の場合は2500円の年会費がかかってしまいます。

日常の電気ガス水道、保険、電話料金などはすべてこのカードにまとめておけば、1年で数万円のポイントがもらえることになります。

還元率1.5%のReader's Card(リーダーズカード)

こちらもVISAのCardで、リーダーズカードは還元率1.5%になります。

Amazon限定で還元率が1.8%となるので、よくAmazonを利用する方にはオススメなカードです。

例えば、1年間で100万円分をAmazonで購入すると、18000円分のポイントがつくわけですね。

見た目も黒っぽくてかっこいいデザインのカードです。

しかし、WEBのサービスがイマイチという声も…。

ポイントがどれだけ溜まっているのか簡単にわからないのではちょっと不便ですよね。

スポンサーリンク

還元率1.5%のDCカードJizile(ジザイル)

ジザイルは年会費無料なので、持っているだけでも損はありません。

カードのデザインはちょっと昔風であまりいいとはいえないかも。

還元率は高いのですが、基本リボ払いカードなので、高額な買い物はしないほうが良さそうです。

ジザイルのポイントの使い道

ポイントは350ポイントで、1000円分のAmazonギフトカード

500ポイントで、2500ポイント分のドコモポイントやauポイント、ソフトバンクポイント。

1000ポイントで、4000円分のAmazonギフトカード。

3000ポイントで、15000円分の三菱UFJニコスギフトカード。

ほかにもたくさんありますが、一例としてはこんな感じです。

あまり少ないポイントで変えるよりもちょっとためてからポイントを使ったほうが良さそうですね。

  • この記事を書いた人

かるぴす

大学に行かないまま、工場の派遣へ。
その後5回の転職を繰り返し、起業。
転職のたびに給与や待遇をアップさせてきました。(たまに失敗してます)
ブラック企業も経験済み。
激務でウツになったときのハロワ職員の対応の悪さは忘れない…!
ウツを克服して副業をガンガンこなし、それを元手に仮想通貨トレードをしています。

-クレジットカード
-

Copyright© お金がないときに.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.