仮想通貨

初心者でもカモられない仮想通貨の始め方

更新日:

仮想通貨を買うには、「国内の仮想通貨取引所・販売所」でサクッと簡単に買うことができます。

簡単に買えるのですが、ここで買い方を間違えると、数万円の損をしてしまうこともあります。

それは、「取引所」と「販売所」の違いがわからないためにおこる悲しき悲劇…。

ややこしいことに、国内の仮想通貨を買えるサイトはほとんどが「取引所」と「販売所」両方のサービスを行っています。

今回は、ぼくがメインに使っているZaif(ザイフ)という取引所を元に解説していきます。

これを理解するだけで、他の人と圧倒的な差がつきますよ!

※最近、希望者が殺到しすぎてzaifの対応が遅いようです。コインチェックのほうが少し早いみたいなので、ぼくみたいに両方登録されることをオススメします!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

初心者でもカモられない仮想通貨の始め方

金額が全く違う!?取引と販売の違い

仮想通貨を買うには、「仮想通貨を売ってる会社から買う」もしくは「ほかの仮想通貨を売りたい誰かから買う」からの2パターンがあります。

販売所というのは「仮想通貨を売ってる会社」から簡単に仮想通貨を買うことができる場所になります。

取引所というのは「ほかの仮想通貨を売りたい誰か」とあなたをつなげてくれる場所になります。

…と言われてもいまいちピンと来ないですよね。

まずは、販売所のほうから解説してきます。

簡単にサクッと買える販売所

ザイフでは、簡単売買という項目から販売所に行くことができます。

この項目です。

ここでは、ザイフという会社が売ってる仮想通貨を買うことや、ザイフに仮想通貨を買ってもらうことができます。

この記事を書いているときの価格は、1BTC(ビットコイン)が1,847,143円になります。

つまり、0.1BTCを買いたい場合、18万5000円あればちょっとお釣りがくる感じですね。

逆に、自分の持ってるビットコインをザイフに売ることもできます。

売る時の価格は、1,729,020円になります。

お気づきでしょうか。

買う時の価格は、1,847,143円。

そう、例えすぐ買って売ったとしても、同じ価格では売れないのです!

FXをやったことがある方はわかると思いますが、初めて仮想通貨を買う方はなんで??って思いますよね。

ザイフとしては、ある程度高めに売って、買うときは安くしないと会社として利益をあげることができないので、このような感じになっています。

ザイフに限らず、ほかの仮想通貨販売所はどこも同じです。

ちなみに買いと売りの差はなんと、11万8123円!!

初心者は、みんな気づかないうちに簡単売買で買っていますが、実は損をしているのです。

仮想通貨をもっと安く買いたいし、売るときは高く売りたい…!

そんなあなたにぴったりなのが、次に紹介する「取引所」です。

ぼくも仮想通貨売買のほとんどを取引所で行っています。

慣れれば簡単!取引所

ザイフの取引所というボタンを押すと、取引所に行けます。

そのまんまですね。

そして取引所の画面がこちら。

なんというか、複雑そうで大変…!

と思うかもしれませんが、慣れると非常に簡単です。

まずは、という概念を理解しましょう。

買い板、売り板がわかればだいたいオッケー!

グラフ(チャートと言います)の左下、売買注文というところを見て下さい。

ここがいわゆると言われるものになります。

これですね。

真ん中の気配値というのが、ビットコインの価格です。

そして左側の売気配数というのは、「ビットコインを売ろうとしてる人たち」

右側の買気配数というのは、「ビットコインを買おうとしてる人たち」になります。

例えば、1BTCが1,789,300円のときに、0.1364BTCを売りたい!という方がいます。

この赤枠で囲った部分の一番したの人ですね。

1BTCが1,789,300円のときに、0.1364BTCだから…

1789300×0.1364なので、244,060円分を売ろうとしてるようです。

ということは、あなたが20万円持っていて、20万円分のビットコインを買いたい!と思ったら1BTCが1,789,300円の価格分で買うことができると言うことになります。

ええと20万円で、0.11177BTCくらい手に入ります。

先ほどの販売所でビットコインを買う場合は、1BTCが1,847,143円になるので、20万円だと0.0108BTCしか手に入りません。

販売所と取引所で20万円分のビットコインを買う価格を比べてみると、

約0.01BTC分、取引所で買うほうがトクをすることになります!

0.01BTCって少ないように思えて結構バカにできないんですよ…。

例えば1BTCが200万円になったとしたら、0.01BTCは2万円の価値ってことになります。

2万円はデカい!

ちなみに売るときも取引所を使ったほうが高く売れます。

この右側が買い板です。

一番上は1BTCが1,789,200円ですが、買おうとしている枚数が0.0015しかないので、2700円くらいしか買う気がないみたい。

その下の1,789,150円のときは、0.4065BTCなので、約72万円分くらいは買おうとしてる方がいるようです。

ということは、あなたが0.1BTCを売ろうとした場合、1BTC1,789,150円の計算で誰かが買ってくれるということになります。

ええと、0.1BTC分を売ると、178,915円で売れました。

この板の場合、72万円分までのビットコインなら、1BTC1,789,150円のレートで売ることができます。

先ほどの販売所では、1BTC1,729,020円でしか売れないので、0.1BTCを売ると、172,902円になります。

その差、約6,000円!

6,000円あったら、美味しいお寿司が食べれちゃいますよ…。

ビットコインを売るときも、やっぱり取引所がオススメということになります。

※最近、希望者が殺到しすぎてzaifの対応が遅いようです。コインチェックのほうが少し早いみたいなので、ぼくみたいに両方登録されることをオススメします!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

取引所でどうやってビットコインを買うの?

もう取引所がいいってのはわかった!

買い方を教えてくれ!ってなりますよねw

買い方(売り方)は一回覚えちゃえば非常に簡単です。

チャートの右側にある現物買いというところを見て下さい。

この画面です。

ここで、1BTCの価格というところに、あなたが買いたい価格を入れて下さい。

先ほどの売り板を参考にしてみましょう。

これをみた感じ、とりあえず1BTC1,789,300円でビットコインを売りたい人が現れそうです。

1BTCの価格に、1789300と入力します。

そして次の買いたい量ですが、計算がめんどくさいので使用残高というボタンを活用します。

使用残高を使うと、口座に入ってる日本円の何%分買う、ということが簡単にできます。

めちゃくちゃ便利!

そしてあとは買い注文ボタンを押すだけで、買い注文が完了します。

簡単~。

自分の指定した金額でなかなか買えない!というときは「成行」が便利

もっと簡単に買う方法もあります。

それは成行!

1BTCの価格を自分で指定するのではなく、現在売り板にある価格を元に自動的に決めてくれるので、ラクに買うことができます。

やり方は非常に簡単で、成行と書かれてるボタンをクリックするだけで、成行モードになります。

ここでは買いたい数量を入れて、買い注文を押すだけでスルッとサクッとビットコインを買うことができます。

正直、100万円以下の買い注文の場合は成行でもいいんじゃないかな…という気もします。

早いし、ラクです!w

まとめ:高い金額でビットコインを買わないように、取引所を使おう

販売所と取引所の差はバカにできないのがわかってもらえたでしょうか。

販売所に比べて取引所は、安く買えて高く売ることができます。

ぜひこれを活用して、資産を増やしていってください!

ビットコイン

流行りのビットコイン(仮想通貨)でさらに稼ぐ

副業やバイトで稼いだお金を元に、今流行りのビットコインを買ってみるのも1つの手です。

「興味あるけど、買い方とかよくわからない…」というあなたでもご心配なく!

ぼくがスマホのアプリで簡単に買える方法を解説しました。

ぜひこちらの記事を参考にしてみてください!

参考:ビットコインを超カンタンに買えるアプリを使ってみた

スマホで買える仮想通貨

仮想通貨取引所の一覧

  • この記事を書いた人

かるぴす

大学に行かないまま、工場の派遣へ。
その後5回の転職を繰り返し、起業。
転職のたびに給与や待遇をアップさせてきました。(たまに失敗してます)
ブラック企業も経験済み。
激務でウツになったときのハロワ職員の対応の悪さは忘れない…!
ウツを克服して副業をガンガンこなし、それを元手に仮想通貨トレードをしています。

-仮想通貨

Copyright© お金がないときに.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.